話題のロボット映画「ベイマックス」を観てきました!

0
n22-03
Pocket

最新のディズニー映画「ベイマックス」で、Pepperが声優デビューと話題です。コンピューター音声役としてロボットの声優デビューは世界初とのこと。素晴らしいです!

これは仕事上チェックしておく必要があるだろうということで、初日(12/20土)に鑑賞することにしました。休日だというのに、我ながら仕事熱心なことです、はい。

事前にPepperの声優への取り組みがよく分かる動画を見てたんですが、期待が膨らみますね。

で、実際に鑑賞した感想ですが、ネタバレはいやなので以下公式予告動画を見てください。べ、別に手抜きなんかじゃないんだからね!

いやぁ、泣ける・・・

鉄拳が作った「パラパラ漫画」のPVもいい感じです。

Pepperが声優に選ばれたのは、ディズニー側がPepperとベイマックの共通点を見出し、また声が作品にあっていると判断したからだそうです。実際、観ていて全く違和感がありませんでした。見事なキャスティングのディズニー、見事にこなしたPepper、どちらもさすがです。最後のスタッフロールにPepperのクレジット表示を見ることがでいて嬉しかったです。

Pepperとベイマックス、胸に情報が表示されるのはとっても似てますね。とりあえずPepperをベイマックス風にするとこんな感じです。顔をいじるのは無理としても、胸の画面表示は似たようなことができそうですね。

あまりにベイマックスが可愛かったのでフィギュアをついつい買ってしまいました。(^-^)またオフィスにロボットなものが増えていく〜。

それはさておき、今作を観て制作サイドに言いたいことは「もっとPepperの声を使う場面を増やして欲しかった!」です。・・・あまりにちょっとなんで(^-^;)ちなみに一緒に見に行った妻は、Pepperの声の部分がわからなかったとのこと。普段からPepperの声に慣れてる人なら絶対わかると思うんですけどねぇ・・・。

作品全体としては、Pepperも言ってる通り「全人類、全ロボットにおすすめしたい映画」です。超絶オススメですよっ!ではまた!

About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

連載・コラム

チャンネル登録