「ロボット革命実現会議」!!!

0
n44-02
Pocket

先日、首相官邸WEBサイトにてロボット革命実現会議の詳細が公開されました。

「日本が抱える課題の解決の切り札にすると同時に、世界市場を切り開いていく成長産業に育成していくための戦略を策定」ということでロボット業界関係者必見です。

さらにこのロボット革命実現会議から「ロボット新戦略」が公開されました。

ロボット革命実現会議によるビジョン・戦略・アクションプランをまとめたPDFファイルで92ページもある大作です。関係者は全員必読のこと!

目次を見るだけでも、「ロボット革命イニシアティブ協議会」、「ロボット大賞」、「ロボットオリンピック(仮称)」の検討など興味深いトピックス山盛りで凄まじく読み応えがある内容はわかっていただけるかと。

政府がロボットに対して気合を入れいていることがよくわかりますね。

経済産業省のサイトでも発表資料がリストアップされています。

時間がなくて長い資料は読めないという人は、ロボット新戦略 要約と、ロボット新戦略のポイントぐらいは見ておきたいところです。

「ロボット革命」とは以下のように定義されています。

  1. センサー、AI などの技術進歩により、従来はロボットと位置づけられてこなかったモノまでもロボット化し(例えば、自動車、家電、携帯電話や住居までもがロボットの一つとなる。)、
  2. 製造現場から日常生活の様々な場面でロボットが活用されることにより、
  3. 社会課題の解決やものづくり・サービスの国際競争力の強化を通じて、新たな付加価値を生み出し利便性と富をもたらす社会を実現する

ロボット革命が「目指す3つの柱」として、

  1. 世界のロボットイノベーション拠点-ロボット創出力の抜本的強化
  2. 世界一のロボット利活用社会-ショーケース(ロボットがある日常の実現)
  3. 世界をリードするロボット新時代への戦略

詳しくは読んでいただくとして、これらの実現に向けて私達も微力ながら貢献できるように努力していきたいと思います。

ということで今後ともよろしくお願いします!

About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

連載・コラム

チャンネル登録