PLEN.D(プレン.ディー)のご紹介【DMM.make ROBOTSで発売予定】

PLEN.D
Pocket


運動神経バツグン! 小型ロボット

DMM.make ROBOTSでの販売が決定しているロボット5体をご紹介する5本だての記事。
第三回目となる今回はプレンプロジェクト有限会社の「PLEN.D(プレン.ディー)」のご紹介です。

◯プレンプロジェクト有限会社とは?

大阪市に本社を置く、ロボット電子工作機器の開発・製造・販売をおこなう会社。デスクトップ型二足歩行ロボットのPLEN(プレン)を基軸に、アプリケーションやものづくりの教育関連事業を手がける。今回のDMM.make ROBOTSの発足にあわせて、特別仕様で機能アップした「PLEN.D(プレン.ディー)を開発し、DMM.make ROBOTSを通じて販売することを発表した。


PLEN.D(プレン.ディー)ができること

BOCCO(ボッコ)

DMM.make ROBOTSによれば、PLEN.D(プレン.ディー)は2015年1月時点で、以下のことができるようです。


・専門知識や特殊な工具は必要なく、ドライバー1本で組み立てることができ、ユーザー自身で組み立てながらロボットの構造を学べます。

・完成した後はスマートフォンで簡単に操作ができます。18の関節を持ち、運動神経が抜群なPLEN.Dは、サッカー、スケートレース、パイルアップゲームなど、仲間と遊ぶ楽しさもいっぱいです。前歩き、後ろ歩き、横歩き、物を持ち上げる、踊る、ローラースケートをする、ボールを蹴るなどさまざまな動作ができるので、ロボットを使った新しい遊び方も考えてみて下さい

・PLEN.DはBluetoothで通信するので、スマートフォン、タブレット端末、PCでのコントロールが可能です。

(PLEN.D(プレン.ディー)- 運動神経バツグン! 小型ロボット by DMM.make ROBOTS – DMM.make より引用)



持ち運びしやすい小型で軽いこのPLEN.Dは、18個ものサーボモーターで制御されており、細かな動きや愛らしい動きをすることができます。また、出力の小さなモーターを用いて、極力人に怪我をさせることのないよう慎重に設計されているため、小さなお子様も安心して一緒に遊ぶことができます。


PLEN.Dは、こちらの動画のように、スマートフォンを使って直感的に操作することができます。 片足立ちでキックができたり、物を持ち上げたり、バランス感が非常に良いですね! ひとたび子供の手に渡れば遊び方は無限大。サッカーをしたり、ダンスをしたり、ローラースケートをしたり。テレビゲームで遊ぶのとはまた違った刺激を味わうことができそうです。




PLEN.Dの販売価格、その他

Palmi(パルミー)

PLEN.DはDMM.make ROBOTSのサイト内からのみ購入することが可能となっており、販売価格は 168,000円(税抜)

オリジナルのPLENの販売価格が25万円だったことを考えると、だいぶ安く購入することができるようになっています。

販売予約開始は4月1日(水)〜、販売開始は5月1日(金)〜です。


子供がいるご家庭では子供が電子工作を学ぶきっかけに、
子供がいないご家庭では童心に戻ってロボットをいじるきっかけに購入を検討されてみては?

ご興味のある方は、まずはDMM.make ROBOTSのメルマガに登録し、最新情報をゲットしてみましょう!
DMM.make ROBOTS(https://robots.dmm.com/)



About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム

チャンネル登録