プリメイドAI(プリメイド・アイ)のご紹介【DMM.make ROBOTSで発売予定】

premade-ai
Pocket


踊るメイド型ロボット

DMM.make ROBOTSでの販売が決定しているロボット5体をご紹介する5本だての記事。
第四回目となる今回は株式会社MANOI企画の「プリメイドAI(プリメイド・アイ)」のご紹介です。

※2015年10月29日に最新版の情報が公開されました。詳しくはこちらをご覧ください。
10月29日に予約受付開始!世界初の卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」

◯株式会社MANOI企画とは?

神奈川県厚木市に本社を置く、市販を目的としたロボット(ホビー/キャラクター)の企画・開発・生産・販促等々、ロボットに関する全ての業務をおこなっている会社。展開中の「ロボットゆうえんち」事業では、「子供たちに夢と希望、そしてモノ作りの大切さと素晴らしさを伝えていくこと」を目的とし、ロボット関連のイベントを多数おこなっている。この度、踊るメイド型ロボット「プリメイドAI(プリメイド・アイ)」をDMM.make ROBOTSを通じて販売することを発表した。


プリメイドAI(プリメイド・アイ)ができること

プリメイドAI(プリメイド・アイ)

DMM.make ROBOTSによれば、(プリメイド・アイ)は2015年1月時点で、以下のことができるようです。


・一体どこが「凄い」のか?見どころは何と言っても、ロボット離れした動きのキレとバランス。ファンの間では「ヌルヌル動く」というこれ以上にない誉め言葉。そんな表現がピッタリなほど、滑らかでキレのある動きをしています。

・激しく動くのに、まったく倒れる気配がない!その秘訣は駆動部分にはサーボモーターを27個使用し、バランスはジャイロセンサーでとっているのです。

・これまでのロボットには難しいと言われていた片足立ちもなんのその!片足で立ってもバランスを崩さずリズムに合わせて踊り続け、わたしたち“人”にもまったく負けない動きをする

・音声ユニットを搭載すると、ダンスと同様にタレント等の音声を再生することができます。またお客様ご自身で録音した音声を話すこともできます。

(プリメイドAI(プリメイド・アイ)- 踊るメイド型ロボット by DMM.make ROBOTS – DMM.make より引用)



高さ36cmのこのロボットはキレのあるダンスを披露してくれます。目の前でAKBの曲に合わせて踊る姿は、なんというか…圧倒されます。笑


変わった見た目で風変わりなことをやってはいますが、この動きのスピードやキレで倒れないというのはすごいなーと素直に感心してしまいますよね。

活用方法は、正直あまり思いついていないのですが…、来客の多いご家庭などではお客さまへの出し物として活用できるのかなーとか考えています。あとは企業のエントランスなど、人が多く集まる場所には良いかもしれませんね!




プリメイドAIの販売価格、その他

Palmi(パルミー)

プリメイドAIはDMM.make ROBOTSのサイト内から予約することが可能となっており、価格は 99,000円(税別)※2015年10月14日、最新版の情報が公開されました。詳細はこちらをご覧ください。

発表された他の4体のロボットが5月1日〜販売開始されるのに対して、プリメイドAIの販売開始は9月中とされています。

先日記者会見で公開されたダンシングロボットがサイズダウンして販売される模様。製造元の株式会社MANOI企画の代表取締役である岡本氏は、「これからDMM.make ROBOTSのご協力の元、製造ステップを効率化していきたい」と語りました。


家庭に一台あれば、このダンシングメイドロボットがきっと空気を変えてくれるはず!
小さなお子様のいるご家庭や来客の多いご家庭、このエンターテイナーは活躍してくれることでしょう。

ご興味のある方は、まずはDMM.make ROBOTSのメルマガに登録し、最新情報をゲットしてみましょう!
DMM.make ROBOTS(https://robots.dmm.com/)



About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム

チャンネル登録