【Pepper】2月27日からデベロッパー向けに300台の販売を開始。料金体系も確定

news
Pocket


初回生産分は300台。

ついにPepperの開発者向け一般販売が開始されます。
初回生産分の300台については、2014年9月のデベロッパー先行モデル抽選販売で落選した開発者を対象に、優先して販売されるようです。

開発者を対象にWebサイトおよびソフトバンク表参道にて、2月27日午前10時から申込受付開始。所定の数に達した段階で終了。300台のうち、ソフトバンク表参道での販売は30台となる模様です。

また、今回の発売にあわせて「ロボアプリ」をダウンロードできるアプリストアの提供を開始する予定。
ロボアプリは胸についているディスプレイの中の「アプリを探す」から探すことができ、タップするだけでかんたんにダウンロードが可能。

このアプリストアや、クラウドの音声認識エンジンを活用した会話機能を楽しむためには「Pepper基本プラン」への加入が必要で、基本プランの加入は月額14,800円(税別)×36ヶ月。
それとは別に「Pepper保険パック」(9,800円(税別)×36ヶ月)が用意されており、これに加入している場合には契約期間中に何度でも修理を受けることができます。一回の修理が数十万かかる可能性があるので、購入する場合には加入したほうが良さそうですね。

本体価格の198,000円、基本プランが14,800円×36ヶ月、保険パックが9,800円×36ヶ月、そして契約時に必要なロボット手続き手数料9,800円。合計金額は、1,093,400円※Pepper本体を一括払い、Pepper 基本プラン、Pepper 保険パックを分割払いとした場合の料金(税別)。

基本プランと保険パックは必須ではありませんが、特に基本プランには加入していないとペッパーの活用が難しいかもしれませんね。

また、発売開始のキャンペーンとして、基本プラン及び保険パックに同時加入した場合には充電ベースがプレゼントされるとのこと。この充電ベースがあると、Pepperのバッテリーの充電が必要になった際に、Pepper自身が充電ベースを見つけ、自ら充電ベースまで移動し、充電を行なうようになります。

ただし充電ベースの配送時期については現在調整中で、2015年春から夏頃の発送となる可能性があるよう。また、充電ベースのみ単体での別途販売は今のところ未定とのことです。


▽Pepperの料金プラン
http://www.softbank.jp/robot/price/



About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム

チャンネル登録