【多言語化ボックス】無いなら有るところから引っ張ってきちゃえばいいじゃん!【フューブライト!】

0
Multi Lang Say Sample
Pocket

アプリタイトル:Multi Lang Say Sample
デベロッパー:フューブライト・コミュニケーションズ
対象機種:Pepper


今Pepperデベロッパーを悩ませていることの一つに「言語が増やせない」ということが挙げられます。結構色々なところでお話をすると、「中国語とか韓国語とか使えないの?」なんてことをよく聞かれます。

ハッキリ言います。現状のPepperそのままでは言語が増やせません。

兄弟ロボットのNAOの場合は、言語パッケージと言って日本語を含めて19ヶ国語が用意されているので、必要な場合は購入してインストールすれば、その言語も対応するのですが、Pepperの場合は何故か使えず。ソフトバンクロボティクスさんに聞いても「いまのところ予定していません・・・」とのこと。

そんな時に現れたのが、フューブライト・コミュニケーションズさんのFacebookでの書き込みです。

フューブライト・コミュニケーションズさんは、「ニンニンPepper」というアプリでPepper App Challenge2015で最優秀賞を受賞する程の経歴を持っている開発会社さん。ロボットスタートのパートナー企業でもあります。

そのフューブライト・コミュニケーションズさんが作ったのが、GoogleTTS(Text To Speach)を利用して外国語をPepperが読みあげてくれるというボックスです。

発表してから、各方面から絶賛の嵐。

早速ロボットスタートでも入手して試してみました。(テストしたのは中国語です)

いや!すごい!!アクセントまでは分からないですけど、確かに中国語話してる!

設定できる言語・種類は41。これって上述したNAOの言語パッケージより充実しています。このAPIを無料公開しているGoogleスゴイ!それを利用して作ったフューブライト・コミュニケーションズさんもスゴイ!

使い方の例としては、1つの文を日本語のアナウンス(Pepper固有)→英語のアナウンス(Pepper固有)→中国語アナウンス(Google TTS)→韓国語アナウンス(Google TTS)なんてローテーションすることも可能じゃないかと。

デベロッパーの方は、1度チェックした方がいい良質のボックスですよ!

御希望の方は、フューブライト・コミュニケーションズさんまで一度お問い合わせください。

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

連載・コラム

チャンネル登録