News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

2015/07/01 アンジェリカさんを囲む会に行ってきました。

0
n142-01

アルデバラン本国のエンジニアのアンジェリカさんが来日されましたので、囲む会が開催されました。

場所はおなじみ秋葉原のアルデバランアトリエ。

アンジェリカさんはロボットの目の前にいる人間の感情を推測する部分を作っているソフトウェアを担当したそうです。

今回、開発者自らからその機能を説明いただけるという貴重な機会です。

[Preload Mood]ボックスと、[PersonState]ボックス。

[Get Mood]というボックスはPepperが目の前の人を3秒見て、そこから人間が positive・nagative・newtral・unknown のどの状態かを認識、判断してくれるというものです。そのあと[Switch Case]ボックスで分岐させます。

その状態は、Pepperのタブレットにリアルタイムのグラフでポジティブ・ネガテイブが表示されます。

みんなで、Pepperにいろいろな表情を試してみてグラフがどう変わっていくか試してみました。これは面白いです。

この仕組みは、目の前の人を7つの項目(Facial expressions,Speech semantics,Touch,Head angles,Vocal emotion,Laughter,Distance)からからポジティブかネガティブかを判断しているそうです。

この7つの項目で一番優先されるのは、表情だそうです。

この後、アルデバランのKawataさんから、Pepperデベロッパープログラムのアップデートについてお話がありました。近日中にデベロッパー向けにいろいろとあるそうなので、要チェックですよ。

About the author / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

連載・コラム