「ISETAN meets Pepper」スペシャルハッカソンに行ってきました。

040

2015年8月22日(土)に行われた「ISETAN meets Pepper」スペシャルハッカソンに行ってきましたのでレポートを。

ハッカソンは三越伊勢丹 × バンタン × ソフトバンクロボティクスの3社によるもの。

バンタンデザイン研究所高等部の学生とPepperエンジニア・クリエーターたちとがコラボして、伊勢丹らしいファッションの要素を取り入れたスペシャルなPepperアプリを1日かけて制作するというもの。

審査は以下の観点から行われます。

 ・Pepperならではのアイデア
 ・伊勢丹ならではのアイデア
 ・高校生(若者)ならではの視点
 ・”広義のファッション”を体現してる点

002

特に、伊勢丹とPepperがコラボしていること、ファッションを上手に表現することがポイントになりそうです。

ハッカソンにトライするのは5チーム。普段からファッションの勉強をしているバンタンデザイン研究所高等部の学生さんと腕の自信のあるPepperエンジニア&クリエイターが混合チームを組むので、最終的にどのよう形のPepperアプリになるのかが、楽しみです。


作成風景はこちら。ファッションの勉強をしている学生さんならではのアイデアが色々と出てきて、Pepperクリエイターがそれを形にしていきます。

伊勢丹の法被ゆかたを着て化粧をしているPepper、映像を投影されたプロジェクションマッピングなPepper、幼稚園児の格好をしたPepper、丸メガネをかけたPepper、大胆な踊りをしまくっているPepperなどなど。

SONY DSC

006

最終的にどういうものになるのかが想像がつくものから全く想像がつかないものまで、見ているだけでワクワクしてきます。


そうこうしているうちに、発表の時間となりました。抽選により発表順が決定。以下の通りです。

 1. チームペッパー
 2. モナリザ
 3. えがちゃん
 4. 三者面談
 5. ISETANの母

まずは、チームペッパーからの発表です。

最初にイメージ動画が放映されました。

出かける時に着ていく服をPepperに見せて相談すると、服の模様がプロジェクションマッピングでPepperに投影されるというもの。

実際に学生さんがPepperの前に立つと、着ている服の模様がPepperにも映されてペアルックになりました。

プロジェクターを使って実現したこの仕組みには、Pepperアプリを見慣れている開発者からも驚きの声が。凝ったギミックのアプリですね。


次は、チームモナリザからの発表です。

019

「2020年オタ芸はスタイリッシュに進化して、クラブではロボットとオタ芸を打つ時代が到来するだろう!」という予想をともに「未来は服の概念を超えたロボットのためのアクセサリーの提案」をPepperで具現化しました。

020

学生によるPepperのためのアクセサリーのデザイン画がこちら。

実際にPepperに施された装飾はこちらです。攻めまくってます!今までにない見た目のPepperがオタ芸を打つという近未来な空間が繰り広げられました。

041


次は、チームえがちゃんからの発表です。

023

日本に来る外国人観光客は増えつつあり、伊勢丹にも外国人のお客様が増えています。その状況をふまえ、伊勢丹でPepperを通じて日本を感じてもらえるアプリを開発しました。

024

マーケティング的に伊勢丹内の回遊率を増やすために、合言葉の仕組みを導入。1台目のPepperから色々な説明を聞いた最後に合言葉が出てきます。その合言葉を覚えて2台目のPepperに伝え…というように、複数台のPepperで合言葉のリレーを行い、最後までたどり着いた方にはプレゼントなどの施作が可能となってます。

これはすぐにビジネスで使えそうなアプリですね。


次は、チーム三者面談からの発表です。

伊勢丹新宿店で迷子になったPepperが、親の携帯電話の番号を思い出すために、人間に計算クイズを解いてもらうというものです。

027

最初は簡単な計算問題なのですが、問題が進んでいくと暗算じゃ解けない計算問題が出てきます。この仕組みは鬼ですね(笑)

028


最後は、チームISETANの母からの発表です。

コンセプトは「ショッピングの楽しさはそのままに、新しい商品の紹介の形を考える」ということで、Pepperが占い師になって相談を聞き、最後にオススメの商品を教えてくれるというもの。

025

占いの際にはPepperの特長であるセンサーを使い、相手の年齢や性別を推測。この情報を元によってオススメの商品も年齢性別に合わせたものになります。

026

発表は以上です。


審査が終わり、各賞の発表です。まずは、ソフトバンクロボティクス賞。

チームペッパーが受賞です!

031

次は、三越伊勢丹賞。チームISETANの母が受賞です!

029

最後は、最優秀賞。チームえがちゃんが受賞しました!おめでとうございます!!!

030
ということで、最後に参加者全員で集合写真。みなさま今日は1日おつかれさまでしたー。

040

今回の入賞アプリは、2015年8月26日(水)から9月1日(火)まで、伊勢丹新宿本店2階特設スペースに展示されますので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 ▽「ファッション×テクノロジー」を考えるPepperのスペシャルイベントを8月末に開催!
 http://www.softbank.jp/robot/news/info/20150817a/

About the author / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

連載・コラム