News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

I.C.E CREATIVE LOUNGE 第2回「多様なロボット〜開発者によるプレゼン&トークセッション」行ってきました!

I.C.E CREATIVE LOUNGE TITLE

9月4日(金)に行われた『I.C.E CREATIVE LOUNGE 第2回「多様なロボット〜開発者によるプレゼン&トークセッション」』に行ってきました。
_0001_02-thumb-575xauto-307

場所は、登壇者でもあるワン・トゥー・テン・デザインさんの東京オフィスです。
1→10 エントランス
京都に本社があるのですが、天王洲アイルにあるビルの24階に素敵なオフィスがあります。

『I.C.E CREATIVE LOUNGE』とはインタラクティブ業界の情報共有や交流を目的としたイベントで、トピックを変えて定期的に開催しているイベントで、今回のテーマは「多様なロボット〜開発者によるプレゼン&トークセッション」ということでした。

前半がプレゼン、後半がトークセッションとなっています。

プレゼンテーションの登壇者は
作曲家で、インビジブル・デザインズ・ラボ代表の松尾謙二郎さん

巨大トイロボット「クラタス」を作った水道橋重工のCEOでCo Founderの倉田光吾郎さん

そして、会場を提供していただいた1→10design取締役 最高技術責任者の長井健一さん

の3名。

トークセッションのファシリテーターを務めたのが、AID-DCC Inc.のプログラマー、ディレクターの鍛治屋敷圭昭さん

松尾さん
先ずは、松尾さんのプレゼンテーションです。
作曲家の松尾さんですが、「Z-MACHINES」という楽器を演奏ロボットを作られたことを中心にお話をされました。
音楽活動をする上でロボットは欠かせないとのこと。シーケンサーは人間の代わりをやっているし、Illustratorは筆の代わりになっている。
音楽は時間の制御が大事ということで機械の制御と近いと思っている。そこで、ロボットを作って欲しいという依頼があり、TASKOさんと共同で作ることになった。
実際に生の楽器を演奏しているので、人間と区別できない。ロボットだけど生の演奏はアイコニックである。

ノウハウさえアレば、安くなっていて個人でもチョット頑張れば出来るということを強く訴えていました。
ちなみに、「Z-MACHINES」の詳しいことはこちらからご覧いただけます。

倉田さん
続いて、倉田さんのプレゼンテーションです。
巨大トイロボット「クラタス」を作り、アメリカから挑戦状を叩きつけられて受けて立つということになっている程、一部方面ではその動向が注目されている倉田さん。
「クラタス」を造るにはその生い立ちが影響しているこということで、お話しをされました。
元来、お父様が鉄の造形屋をしていたのですが、中学まで興味をもたなく、高校時代から物を作り始めたのこと。

その後、実寸台のボトムズを造ることをブログで発信し始めて話題となりました。(ちなみにボトムズは見たこと無い)そこで感じたのが、「物を作っていて、出来上がるのは面白い。作っている途中は自分しか知らない面白さがある」ということ。

何の専門家でもないが、今までの仕事をあわせればロボットを作れると思い、「クラタス」を作り始める。
基本的には「模型→検討→作る」の繰り返し。2012年にデビュー。

冗談でのつもりでAmazonで売ったら、実際にドバイから買いたいという話があった(現在交渉中)。
「言うこと」の大事さを強調していました。

長井さん
プレゼンテーション最後は長井さんです。

Pepperを知っている人なら、当初から長井さんがPepper開発に携わっていることは有名な話です。

Pepperとの初めての対面の模様や、やられていたこと(ショップダイアログ(人工知能と連携するベースとなる会話)/Pepperを使ったプロモーション、イベント、B2Bのレコメンドシステムのプロトタイプ)の紹介を中心に話されました。

特に仰っていたのが、「Webの知識でPepperのSDKを操作するのは簡単」ということ。確かにChoreographeは直感的に出来ますし、アクションのFlashが分かれば入りやすいと思います。

また、今は人手が足りないとも仰っていました。ロボット業界に入りたい方は是非!

トークセッション
そして2部のトークセッションに移ります。
3名とも異なったアプローチから「ロボット」というテーマでお話をされました。

人型の是非や、人工知能(AI)、日米のロボット観、法規制という固いマクロなお話から、作品の値付けや、クラタスの対戦など柔らかいお話まで多種多様なトークが時間を過ぎても繰り広げられていました。

金曜の夜、もの凄く刺激的なお話を聞くことが出来ました。
主催された、一般社団法人インタラクティブ・クリエイティブ・エキスパーツ(I.C.E)の皆さん、ファシリテーターの鍛治屋敷さん、そして登壇された松尾さん、倉田さん、長井さんありがとうございました!

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

連載・コラム