News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

【あれ?】中国の最新ロボット「iPal(アイパル)」を調べてみたよ【何かに似てない?】

ipal400X300

昨日の夜から、一部方面で話題になっている「iPal」

話題になっているのは、やっぱり似ているからです。そうPepperに…。ということで、この「iPal」を調べてみました。

Avatarmind Home

作っているのは、Nanjing Avatarmind Robot Technology(Avatar Mind)社。

会社紹介を見ると、設立は2014年。南京、深セン、シリコンバレーにオフィスを構えており、ソフトウェアの開発や数十に渡る特許の出願をしてコア技術を開発したとのこと。

そして作ったのがiPal。販売などはアリババなどのeコマースサイトとのこと。

ます、iPalのメインターゲットは3〜8歳の子供ということ。子供の兄弟的な位置づけのロボットがコンセプトで、中国の一人っ子政策を踏まえた商品企画になっています。

水色とピンクの二種類ですが、良く見ると耳の部分のデザインが異なっています。

スペックをまとめたページはありませんが、どうやら25のモーターがあり3ワットのサウンドシステムを持っている様です。

先日実物を見てきた方の話によると、OSはAndroidとのことで、脚は2本ありますが台車に乗っているとのことでした。

11138125_10153135515908321_854002825514018005_n
 (写真提供:アスラテック羽田さん)

身長はPepperより小さいとのことで、写真を見ると100センチくらいかなと思います。

12047130_10153135519303321_6326879908697093818_n
 (写真提供:アスラテック羽田さん)

フィギュアも用意されてたそうです。

まぁロボスタはアメリカに行くお金なんてありませんでしたので、オフィシャルサイトで挙げられている項目をまとめてみました。

このiPal、具体的に何が出来るのか、Webサイトから拾ってみました。
(あくまでもWebサイトの掲載されているもので、実際に確認したわけではないので悪しからず)


・おしゃべり
→最新鋭の自然言語処理が出来、4〜8歳の子供のように話すことが出来ます。また、自律学習エンジンにより好みや興味を持ったものを覚え、継続的にクラウドに接続して子供が興味を持つテーマの知識を増やしていきます。

・感情
→会話や感情を理解するために多くのセンサーをもっています。感情を理解して、悲しんでいる時には励ましたりもします。

・成長記録
→子供の成長を記録するために毎日写真やビデオを撮影し、親は携帯でそれを確認したりコメントを残したりすることが出来ます。保存はクラウド上に行います。

・友達を作る
→メッセンジャーアプリを使って友達を追加できます。実際にコミュニケーションを取る際は親の監視アプリから承認が必要となります。

・アシスト
→天気アプリで今日の服装をや時計アプリで朝目を覚まし、健康管理アプリで手を洗うように言うことが出来ます。

・ゲーム
→人気のゲームをiPalで利用できるようになります。

・音楽再生
→子供向けの歌うや音楽をアプリケーションスタから入手できます。

・ダンス
→人間のダンサーの様に十分に軽快に表現できます。PCのツールを使えば、ドラッグ・アンド・ドロップで独自のダンスを作ることが出来ます。

・お話
→多くの物語が用意されており。アプリストアからダウンロードすることが可能です。

・質問と回答
→iPalは豊富な知識データベースを持っていて、ほとんどの質問に答えることが出来ます。iPalが分からない疑問は専門家に渡され数分で回答が返ってきます。

・プログラム
→子供向けのプログラミングを環境を用意しており、iPalに物語を話させたり、ダンスを躍らせることが出来ます。機能を拡張したりカスタマイズすることも可能です。

・学習プログラム
→インタラクティブな一般学習プログラムが用意されており、正解するとご褒美を、間違っても励ましてくれます。

・マナー
→iPalは礼儀正しいので、フレンドリーな方法でマナーを学習することができます。

・ビデオチャット
→母親が外出しても、子供がiPalに「お母さんを呼んで」と言うと電話を呼び出してビデオチャットを始めることが出来ます。

・モニタリング
→リモートでiPalのマイクとカメラをオンにして監視することができ、ホームセキュリティにも役立ちます。

・伝言板
→子供に向けて音声、ビデオ、テキストメッセージなどで伝言を残すことができます。


以上、ざっと挙げてみましたがスゴイですよね、本当に実現出来たら…。

どうやら、アプリストアがあり、開発環境も公開されそうな書きっぶりです。それより何より子供の分からない質問は人力で回答すると言っているところも驚かされました。

ちなみに、金額は1,000ドル。オフィシャルサイトでは、ローンも組めるみたいです…。

商標的なことですと、iPalはTivoli Audioが先に超高級ラジオを販売していますので、そのまま日本で展開するのは難しいかなと。

Pepperは初めて見た時もカワイイと思ったのですが、iPalに関してはなんだか気持ち悪い感じがしちゃいます。Pepperに気持ち悪さを感じる人がこんな気持なのかなと思った次第。

で。これ、輸入します??>社長

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

連載・コラム