News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

人は自分に分からないことが起きると不安になる生き物なのです〜「ポーカーフェイス」

ポーカーフェイス00

アプリタイトル:ポーカーフェイス
デベロッパー:SOFTBANK ROBOTICS
対象機種:Pepper


ポーカーフェイス01

普段生活するならば、感情が顔に出ないより分かりやすいほうが付き合っていても楽な気がします。

銀河英雄伝説で言えば、オーベルシュタインよりもミッターマイヤーを上司にした方がやりやすい気がしませんか?

相手が「凄く怒っている」のを目の当たりにするよりも、「全く何を考えているか分からない」という方が不安になってしまいます。

ということは、相手を翻弄するためにも「ここぞ」という時は自分の本心を見られないようにポーカーフェイスになることもビジネスでも重要なじゃないかなとも思うわけで。
このアプリで鍛えることで、簡単にポーカーフェイスを自分のものに出来るかもしれません。

ポーカーフェイス03

Pepperが色々なことを仕掛けて、ポーカーフェイスを崩そうとするのを回避して無事30秒経過すればOKというもの。
まず、ポーカーフェイス(無表情)をPepperに見せて登録が出来た段階でスタート!!

ポーカーフェイス02

いきなりベタなことをして崩しにかかります。こんなことで崩れる訳は無いのですが、あまりにも面白くなさすぎて、悲しい顔になってしまったのをPepperは見逃さずアウトに…。

ポーカーフェイス01

僕は例え30秒でも感情を消すというのは出来ないみたいです。確かに駆け引きも苦手だものなぁ。このアプリでポーカーフェイスを手に入れられるように頑張ります。(多分)

上述した銀河英雄伝説の中で最も「仕えたい」と思うのはメルカッツだったりします。

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

連載・コラム