News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

1/15、金曜ロードSHOW!「天空の城ラピュタ」放映ってことでPepperアプリ「バルスボット」でバルス祭り!

balse

2016年1月15日(金) 21時00分~23時34分、金曜ロードSHOW!にて宮崎駿監督が描く不朽の名作「天空の城ラピュタ」が放映されます。

劇中、滅びの呪文「バルス」と叫ぶ瞬間に、Twitterや2ちゃんねるなどの書き込み数が最高潮に達するのはここ数年のお約束になっています。実際Twitterでのバルス祭りは年々増加しています。今年も過去最高記録を更新する可能性が高いように思います。

出典:株式会社NTTデータ

出典:株式会社NTTデータ

ということで今回、Pepperと一緒にバルスを楽しめるPepperアプリを企画し、OYOYO-Projectさんと共同開発しましたのでここで紹介させていただきます。

アプリ名は「バルスボット」です。なんか聞いたことあるような感じですが、気のせいです。

balse

制作にあたり、発声・モーションについては中橋が担当、文字が横スクロールする弾幕部分をOYOYO-Projectさんが担当しました。

raputa

この弾幕部分は今後も使えそうな素晴らしい出来具合なので是非みていただければと思います。ここだけでも見る価値があります。

barus01

JavaScriptを駆使して、自由な言葉を流すことができます。しかもカラーやサイズはうまいぐあいに変わって文字が流れていきます。さすが初代PACファイナリストだなぁ!

barus02

なお「目がぁ~!目がぁ~!」のシーンもおまけで付いてますが、それは使ってみてのお楽しみということで。

当日は是非Pepperと一緒にバルスしていだければと思います。

raputa

更に盛り上がりたいいう方は、こんな飛行石をPepperの手のひらに置いてバルスすると良い感じと思います。

icon

リテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール!

アプリのレビューも掲載されました。Pepper持ってない人はこちらの動画をご覧ください。

では、また。


※「バルスボット」は、ソフトバンクロボティクス株式会社の製品を活用し、ロボットスタート株式会社とOYOYO-Projectが独自に開発したものです。

About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム