News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

ウェアラブルロボット新作「METCALF clione(メカフクリオネ)」が発表

ロボティクスファッションクリエイターきゅんくん(Kyunkun)による新作ウェアラブルロボット「METCALF clione(メカフクリオネ)」が発表されました。

METCALFシリーズを着用する日常を描いた映像はこちらです。



新作となる「METCALF clione」の特徴は以下の3点です。

「大幅な軽量化」
外装にプラスチックを採用することで、大幅な軽量化を実現しました。旧作の半分の重さとなる約1.5キロに。アームそのものも根元から折りたたみ可能となり、着用が容易になりました。

「グラフィックプリント」
グラフィックデザイナー Rei Nakanishi 氏とコラボレーションを行い、外装へのグラフィックプリントを行いました。また、アルミのパーツとプラスチックとの造形に工夫を凝らし、グラフィックの浮遊感やアルミの物質間を強固に演出しました。

「スマートフォンなどで操作可能」
きゅんくんの開発するウェアラブルアームロボットでは初となるアスラテック株式会社のロボット制御ソフトウェア V-Sido OS を搭載。これよりスマホなどから、直感的に制御・操作が可能となりました。

直近で実物を見られる機会は以下の通り。

 ・3月30日〜4月2日に開催されるイベント「うめきた未来ラボ」にて、モデルが実際に着用をした稼働展示(モデルが着用するのは3月30日、31日のみ)

 ・6月にフランスで開催される国際的メディアアートイベント「バンニューメリック」にて稼働展示とともに、数量限定で販売予定。

また、3月26日〜4月1日までアパレルショップWEGOの開催するカルチャーイベントにて「WEGO原宿ファッションギークEXPO」にて、フォトブースを展示のほか、WEGO TOKYO 原宿店では、METCALF clione顔ハメパネルも登場。

3月26日に横浜スタジアムで開催される「AKB48単独コンサート」にて、METCALF clioneの派生作品 “METCALF stage” が登場。ステージに映えるように設計された新作です。

 ▽KYUN_KUN Web | METCALF clione
 http://kyunkun.com/metcalf-clione/

About the author / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

連載・コラム