Googleに買収された日本企業「Schaft」が思わず「すげー!!」と叫びたくなるロボットを公開

schaft_nest2016-main

4月8日、都内で開催された「NEST2016」に、2013年11月にGoogleによって買収された東大発のロボットベンチャー「Schaft」の中西雄飛氏が登壇し、Schaftの新しいロボットを公開しました。


schaft_nest2016-02

歩いて登場。驚くほどスムーズな歩行と安定性。


schaft_nest2016-03
注目すべきは「脚に関節がない」という点。Schaftがこれまでに発表してきたロボットは大きく曲がった「膝」を持っていましたが、今回は関節を持たず、脚部分が胴体部分のサイドに付いています。その脚が上下に動き、歩行が行なわれています。


schaft_nest2016-04
階段も昇ることができます。素晴らしいスピード感。胴体部分がほとんどブレていません。


schaft_nest2016-05
60kgの重量を持っても歩行スピードが変わりません。


schaft_nest2016-08
棒を踏ませてみても、バランスをとって倒れません。


schaft_nest2016-09
家の中では、脚を胴体の後ろに持っていくことで、狭い場所でも通ることができます。


schaft_nest2016-10
ロボット掃除機のアプリケーションを搭載することで、家の中の掃除を行うこともできます。市販されているルンバのようなロボット掃除機では対応が難しい、階段部分の掃除も可能です。


schaft_nest2016-11
山を登ったり、


schaft_nest2016-12
不安定な海岸沿いを歩いたり、


schaft_nest2016-13
雪の上を歩くこともできます。

驚きのロボットの模様は是非動画でお楽しみください。Schaftの今後の展開がますます楽しみになりますね!


About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム