NTTドコモが「おしゃべりロボット for Biz」を5月30日より提供開始! OHaNASも法人活用へ

oshaberi_for_biz

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、ロボットや玩具に搭載する「自然対話プラットフォーム」に企業が独自のシナリオを追加してカスタマイズ可能なサービス「おしゃべりロボット for Biz」を2016年5月30日(月曜)より法人向けに提供開始することを発表した。

「おしゃべりロボット for Biz」は、法人のお客さまが自社の商品等に関わる話題をシナリオとして作成し、あらかじめ自然対話プラットフォームに追加することで、ロボットや玩具が商品の使い方やキャンペーンをご案内する等の用途に合わせてご利用ができ、商品説明のほか、店頭での接客、受付業務のサポート等さまざまな活用が可能となる。

まず、ドコモと株式会社タカラトミーで共同開発した対話ロボット「OHaNAS(オハナス)」で利用することができる。ドコモの自然対話プラットフォームに対応したロボット等とスマートフォンがあれば、シナリオを登録する初期費用(500,000円、税別)のほか、月額利用料(35,000円、税別)で利用することができるASPサービスで、新たに設備投資をすることなく最短1週間で導入することができる。初期費用には「アプリカスタマイズ料(企業ごとに必要なアプリ画面のカスタマイズ、接続先の初期設定作業)」と「50シナリオまでのシナリオカスタマイズ料」が含まれており、月額費用には「ASPシステム利用料」と「シナリオ運用料(毎月5シナリオまで追加、変更、削除が可能)」が含まれている。なお、1シナリオは「会話のやり取り2往復まで」となっている。

「自然対話プラットフォーム」は、2016年4月時点で14億回以上利用されている「しゃべってコンシェル」等に使われており、2015年10月にそれに対応した「OHaNAS」が販売された。「OHaNAS」はユーザーとの会話を通じて対話が徐々にスムーズになっていき、その会話の成立の割合は90%を超えているという。これは誤りを検出してうまく回答できるよう改良を加えたこと、そして登録していたシナリオを8,000から20,000まで拡大した効果によるものだとドコモは発表している。

ドコモは今後、パートナーとともに自然対話プラットフォームに対応するロボットや玩具を増やし、「おしゃべりロボット for Biz」を採用するロボットを増やしていくことで、法人のお客がロボットを導入しやすい環境を拡大していく予定。


関連リンク:http://www.docomo.biz/html/service/talking_robot/

About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム