News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

【PR】「R-env:連舞」ハッカソンのWebサイトが公開!

renv-hack-web

R-envハッカソンの詳細情報満載!

2016年6月18日(土)〜19日(日)に、各種デバイスを容易に連携できるクラウド対応型インタラクション制御技術「R-env:連舞™」を使ったハッカソンが開催されます。

そのハッカソンの情報を発信するWebサイトがオープンしました。


hackathoweb1

今回のハッカソンのテーマは、「ロボット”ならでは”のサービスをつくろう!」で、NTT研究所が開発したビジュアルプログラミング環境「R-env:連舞™」を使ったハッカソン。各種ロボットやセンサー、IoTデバイスなどを使ったハッカソンとなっています。



「R-env:連舞™」の情報も

ハッカソンの参加費は無料。もちろんWebサイトから申込ページへのリンクもあるので、「R-env:連舞™」の内容を理解して、アイデアが浮かべばそのままエントリーも出来ますよ。但し、参加については抽選となりますのでご注意下さい。

各種開催概要についても載っていますので、参加される方はチェックしてください。「R-env:連舞™」というものが、今ひとつ分からない人も、このサイトに分かりやすい解説が載っていますのでご安心下さい!

最優秀賞の5万円を目指して、このサイトで予習をしてハッカソンに備えましょう!!

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

連載・コラム