「AI(人工知能)は脅威よりも期待」「AIといえばPepper」AIに関する意識調査結果。

ai-survey-main

BIGLOBEは、人間とAI(人工知能)の主従関係を巡る心理戦を描いた映画『エクス・マキナ』(2016年6月11日より公開)との共同調査により、インターネットを利用する全国15歳~84歳の男女、合計1,114人を対象に、「AI(人工知能)に関する意識調査」を実施したことを発表した。調査期間は2016年5月20日~5月23日、調査方法はインターネット調査。調査結果は以下の通り。



AIといえばPepper?

ai-survey-02
全国15歳以上の男女(n=1,114)を対象に、「AI」という言葉を知っていますか?と質問したところ、62%が「意味を知っている」と回答。「聞いたことがあるが、意味は分からない」と回答した人を合わせると、91%が「AI」という言葉を認識していることが示された。また、「AI」と聞いて思いつくのはという質問には、ソフトバンクのロボット「Pepper」と回答した人が66%と最多。続いて囲碁で人間に勝利した「アルファ碁」が23%、IBMが開発したAI「ワトソン」が20%となった。なお、18%で続いた「スカイネット」は、映画『ターミネーター』に登場するAIで、架空の存在ながら上位にランクインした。



「AI」に期待する人が過半数超え

ai-survey-03
続いて「AIに期待しますか? 脅威を感じますか?」という設問では、「かなり期待する」が17%、「どちらかと言えば期待する」が37%となり、「期待する」と回答した人が合計54%で、過半数を超えた。


ai-survey-04
期待すると回答した人に、あなたが「AI」に対して期待することは何ですか?と質問したところ、「医療分野の進歩が急速に進む」が52%と最多。「乗り物の自動運転・自動操縦」(40%)、「コミュニケーション相手になってくれる」(32%)、「ロボットとの生活が実現する」(27%)と続いた。一方、「パートナー・恋愛対象になってくれる」ことを期待すると回答した人も7%と、利便性の追求から人間の代替まで、AIへの幅広い期待が伺える。


ai-survey-05
また、同設問に対して「どちらかと言えば脅威に感じる」と回答したのは20%、「かなり脅威を感じる」が8%で、合計28%が「AI」に脅威を感じていると回答した。脅威を感じると答えた人に「脅威と感じることは何ですか?」と質問したところ、「システムエラーによる事故や社会混乱」と回答した人が58%で最多。続いて「知能が人類を超え、制御不能になる」(46%)、「自分の仕事を奪われる」(25%)となった。4位の「自我を持って人類の敵になる」も24%で、AIが意識的に人間に敵意を持つ可能性を不安視する声示された。

今回の調査は映画「エクス・マキナ」のPRを兼ねて行われた。「エクス・マキナ」では、FXを駆使したスタイリッシュなビジュアルと、登場人物も場所も限定されたミニマムなストーリーテリングで、人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦が描かれている。2016年6月11日(土)より、シネクイント他にて全国ロードショーされる。(画像は全てBIGLOBEのプレスリリースより引用)

About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム