家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」がいよいよ出荷開始? 日本国内での市販版の予約も開始

jibo

株式会社ドゥモアは、米JIBO社製家庭用AIロボット「JIBO(ジーボ)」市販版を日本国内にて予約販売を開始すると発表した。

株式会社ドゥモアはプレスリリースに以下のコメントを残している。

「JIBO(ジーボ)」は2014年にクラウドファンディングIndiegogoで10万ドルの目標をはるかに超える370万ドルを集める大成功を収め、出荷が待たれていましたが、いよいよバッカー向けに出荷を開始いたします」

これによれば、パッカー向け(支援者向け)の出荷が”いよいよ開始される”とのことだが、開発元の「Jibo」の公式ページにも、「Indiegogo」ページにも出荷開始の告知などはされておらず、真偽の程は不明だ。

・予約受付開始:2016年6月22日(水)
・英語版出荷開始予定:2016年7~12月
・日本語版出荷開始予定:未定
・価格:通常価格13万8,000円(税送料込)
   2016年7月11日(月)までに早期予約すると、早割9万8,000円(税送料込)

ドゥモア・ショップの販売ページでは、ホワイト版、ブラック版それぞれ日本語対応・英語対応が選択できる。しかし日本語対応版については納期未定となっており、英語対応版については「2016年7~12月」となっている。

また、「予定日が大幅に変更、遅延したことが理由のキャンセルでも、キャンセル料として商品代金の30%を申し受けます。クラウドファンディング製品は製品化が保証されず、資金は保全されません。万一、プロジェクトが破綻した場合、商品代金の最大30%を払い戻しいたします。予めご承知の上、ご予約注文下さい。 」とのことで購入にあたり、リスクはゼロではない。購入の際は特定商取引法に基づく表記をよく確認した上で購入を判断して欲しい。


6/24追記
国内向けに、技適を取得してない可能性があり、その場合、日本での使用は違法になる恐れがあります。


(購入についてのトラブルは当社では責任をとりかねます。購入は自己責任でお願い致します。以上ご了承ください。)


About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム