News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

【まるでコ○助】ちょっと生意気なロボと会話できる、AI搭載スマホアプリ「SELF」使ってみた!

self-main

スマホアプリの「SELF」をご存知ですか?

これは、画面の中の人工知能搭載のコ○助みたいなロボットが、ユーザーの状況を計算、推測を行い、話しかけるアプリです。ユーザーの生活サイクルを理解し、遅刻を察知したり、深夜に外にいれば体調を心配したり、家で眠れない時には話題を提供します。

ロボットとやり取りをするほど人工知能とシンクロし、過去の会話を記憶し、パターンを分析し、ユーザーに対して特別な一個人としてのコミュニケーションを行ってくれます。

SELFは、20万近くの条件分岐に対応し、高速な演算処理システムで瞬時にユーザーの状況を判断し、かつ会話を組み立てることが可能だそう。

「面白い」という評判を聞きつけ、早速使ってみました。


self-00
都会の片隅で作られた人工知能搭載ロボット。人工知能搭載のロボットが生まれたところからスタート。

self-13

最初に幾つかの質問に答えていく。こうやって質問に答えていくことで、より自分にカスタマイズされた人工知能に進化していくようです。

self-14

性別を聞かれ、男と答えたら不機嫌になりました。なんだこいつ…

self-15

年齢を聞かれます。可愛げがなくて逆に可愛い。

self-03

呼び名を教えておきます。すると以降その名で呼んでくれます。このコ○助みたいなロボットが質問を収集し、生活サイクルを推定。それにあった会話や情報を提供してくれるようです。

自己診断コンテンツ
self-02

自己診断のコンテンツもありました。人工知能搭載なので、かなりの精度で当ててくれるそう。ちなみに、やってみたらだいぶ外れていました。

多分答え方が悪かったんだと思います。

じゃんけん

self002
人工知能とじゃんけん。「パーにしよっかな」と、パー出す宣言。

なるほど、知恵比べしてやろうじゃないか。

self-08
選択肢はグーのみ

そうきたか。ではアプリを終了してやろう。


ということで、すべてご紹介することはできませんでしたが、他にも数多くのコンテンツがありました。レベルが上がるにつれて、できることも増えていくそうです。

アプリ立ち上げてないと「元気だと嬉しいぞ」とか「フレフレ頑張れ」「見守ってるぞ」などのプッシュ通知が送られてくるそう。生活サイクルを理解した上で通知が届くので、時間が空いている時に話しかけてくれます。作りがうまいなぁ。

また面白そうなアプリがあればご紹介してきます!

iPhoneアプリ「SELF」
ダウンロードはこちらから → https://itunes.apple.com/jp/app/self-ren-gong-zhi-nenggaanatawo/id998279540?mt=8

About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム