News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

Jiboの日本語版は2017年に発売予定 オリジナルの動きや感情表現も

jibo

コミュニケーションロボット「Jibo」の開発を行うJibo,inc.は、本日、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」を通じてJiboへの支援を行ったサポーター向けにメールを配信し、Jiboの日本語対応版を2017年に発売予定であることを明かした。

前回のメールでは、アメリカ・カナダ以外への発送を行わないという通知をしており、日本のみならず世界中の支援者から非難の声が上がっていた。今回のメールは、そんな支援者たちの誤解を解くために送られたものだ。

ローカライズにより日本語に対応するほか、日本オリジナルの動きやディスプレイなどの感情表現が盛り込まれる予定であることも明かしている。

では、すでに申し込み済みの支援者達には来年Jiboが手元に届くのだろうか。

国内の事業者を通じて、Jibo,inc.に問い合わせを行ったところ、「一旦返金手続きを行い、国内での販売が開始された際に再度申し込みを行ってもらいたい」という返答が来た。つまり、日本の支援者の方々も一旦返金手続きに進む必要があるようだ。

ローカライズは、日本国内だけでなく、中国など世界の各地域で進められている。来年以降に英語圏以外の地域でもJiboとの生活を楽しむことができるようになるだろう。

About the author / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

連載・コラム