News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

ビジネスシーンでの利用に特化させた分身ロボット「OriHimeBiz(オリヒメビズ)」リリース

orihime

本日、オリィ研究所がOriHimeBizをリリースした。既に発表されていた個人をメインターゲットとした「OriHime」に対して「OriHimeBiz」はビジネスシーンでの利用に特化させたバージョンだ。


OriHimeBizの概要

ビジネスシーンに特化すべく新たに実装された機能は、スケジューリング機能、一時ミュート機能、一時離席機能など。これらをスマホアプリ「OriHimeBiz」をインストールする形で提供する。なお、このスマホアプリはバッググラウンドでも動作し、別のアプリ操作を同時に行う事も可能になっている。



orihime1

Photo: オリィ研究所

またWEBブラウザで操作する管理ツールでは、ユーザー制御、利用履歴閲覧などを制御する機能を提供する。


先行利用企業での活用例



orihime2

Photo: オリィ研究所

既に先行利用している企業の導入事例がプレスリリースで紹介されている。NTT東日本では子育て中の母親の在宅ワークのトライアルに活用。スマートライフでは各支社に設置し、移動時間なしに支社間を超えたミーティングを実施。リバネスでは、海外子会社と東京本社間でのコミュニケーションに利用している。
今後、会社の受付、観光案内所窓口、営業同行などさらにOriHimeBizの展開を進めていくという。


一般的なテレプレゼンスロボットと、OriHimeの違い



orihime3

Photo: オリィ研究所

通常のテレプレゼンスロボットとOriHimeとの大きな違いとして、移動はできないこと、顔部分にディスプレイがないことがあげられる。

移動できないことについては、コスト面・サイズ面にも影響のある話であり、利用用途によっては移動不要で小型・廉価であるほうがありがたいこともあるだろう。
ディスプレイがないことについては、操作者にとってはプライバシーは確保されやすいため好まれるだろう。発話時のみマイクをオンすることで操作者の心理的ハードルを下げるなどのこだわりもあり、操作者視点での配慮は徹底している。

一方、遠隔地に置かれるロボットが誰が操作しているのかわかりにくい、ロボットの移動は人間が行う必要があるなど、運用面で問題がある場合は通常のテレプレゼンスロボットを使う必要もあるだろう。


僕はこう思った:
操作者視点で作りこまれたOriHime、そしてOriHimeBiz。実際に自分で使ってみないとわからないことも多々あります。一度お借りしてレビューしたいところです。(^ – ^ ; )オリィさん、貸してください・・・。
・・・そもそも、価格が見積もりしないとわからないのも気になります。



About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム