News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。「画像処理の進化は3年で16倍に」自動運転にも注力。AIハンズオンは開発者で賑わう
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

オープンイノベーション協議会による無料の「ロボット新規ビジネス創出ワークショップ」が開催決定、参加者募集中

スクリーンショット 2016-10-04 12.09.25

オープンイノベーション協議会主催による、ロボットを使った新ビジネス創出ワークショップの開催が決定し、参加者を募集しています。


第6回JOICワークショップ「分野別:オープンイノベーションによる新ビジネス創出(分野:ロボット)」を開催します。
https://www.joic.jp/news/news_i22_u1.htm

オープンイノベーション協議会(JOIC)は、オープンイノベーションに関する国内外の成功事例を会員に共有するなどして、オープンイノベーションの取組を推進することにより、我が国産業のイノベーションの創出及び競争力の強化に寄与することを目的に平成27年2月12日に設立された団体。

日本政府は「ロボットによる新たな産業革命」を打ち出し、日に日にロボットに対する注目が高まりつつあり、今回のワークショップが開催されることとなりました。

ワークショップは、以下の全2日間です。

第1日:10月21日(金) 14:00〜17:00 (13:30受付開始)
第2日:11月 8日(火) 14:00〜17:00 (13:30受付開始)

参加費は無料。募集定員は30名で、対象者は以下の条件を満たす方となります。

(1) JOIC会員企業・団体に所属される方(参加申込みと同時に会員登録される場合を含む)
(2) 2回両方にご参加いただける方
(3) 民間企業においてロボットを活用した新ビジネスを検討されている方・既に実施されている方
(4) グループワークにおいて、上記の新ビジネスの内容を一定程度開示できる方

(1)のJOICへの会員登録については、ワークショップ当日に入会用紙を配布するので、その場か事後に入会を行えばOKです(なお、JOICへの入会も無料です)。

ゲスト講師は、アスラテック株式会社事業開発部部長 羽田卓生氏とロボットスタート株式会社取締役副社長 北構武憲氏。

ファシリテータは、有限責任監査法人トーマツ兼トーマツベンチャーサポート株式会社 ロボット・ドローンインダストリーリーダー 瀬川友史氏が務めます。

以下のリンクより申し込みが可能です。締切は10月20日(木)となります。

第6回JOICワークショップ-申し込みフォーム
https://app3.infoc.nedo.go.jp/enquete/form.rbz?cd=977

実際にロボットビジネスを行っている講師から、2日間の実践的なワークショップを受けられるこの機会を是非ご活用下さい。

講義内容(予定)

(1) 第1日:ロボット業界動向の理解
 【プログラム】
  ・オープニング(アイスブレイク&自己紹介)

  ・ゲスト講師による講演
   ロボット業界概観、歴史、最新動向

  ・グループワーク
   ロボット新ビジネスへの期待(なぜ着目しているか)
   ロボット新ビジネス企画・推進の課題(悩みごとは何か)

  ・ゲスト講師による課題提起と第2日のためのプレワーク説明

(2) 第2日のためのプレワーク:自社のロボット新ビジネスの企画および推進策の素案作成
   ・ロボット業界の中で、自社はどのロールを担いたいのか
   ・自社のロボット新ビジネスの顧客と提供価値
   ・上記を推進するためのオープンイノベーション方策

(3) 第2日:オープンイノベーション推進の段取りとポイントの理解
 【プログラム】
  ・オープニング(ファシリテータによるプレワークの振り返り)
  ・グループワーク
   ビジネス素案の共有と議論
   参加者同士の提携シミュレーション
   グループ内の振り返り
  ・ゲスト講師による総括

About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム