FRONTEOの人工知能ロボット「Kibiro(キビロ)」が11月2日より予約受付開始!(追記あり)

kibiro
Pocket

FRONTEOコミュニケーションズが2016年11月2日(水)より、Kibiro公式サイトと三越伊勢丹にて、「Kibiro(キビロ)」の一般消費者向け予約販売の受付を開始する。


kibiro01

Photo: FRONTEO Communications, Inc.

KibiroはFRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT」を搭載、これにより「書籍」と「健康情報」などをユーザーに合わせてレコメンドできる。


kibiro02

Photo: FRONTEO Communications, Inc.

また基本機能は、一般消費者向けとして、対話応答・天気予報・カメラ・時計/アラーム・ダンス・名前を覚える・スケジュールお知らせ・歌・アンケート配信の9つのアプリケーションが用意されている。


kibiro03

Photo: FRONTEO Communications, Inc.

公開された仕様については、ヴイストンのSotaとほぼ同スペック。Sotaと違う部分としては、スマートフォンやタブレットを組み合わせて使う設計となっている点があげられる。

また、Kibiroは着せ替えられる服が用意されているのが大きな特徴だ。実際に服を着せた姿は愛着を持ちやすいだろう。


kibiro04

Photo: FRONTEO Communications, Inc.

気になる価格は本体15万円と、サービス利用料月額5,000円を12ヶ月分一括払いとなっている。合計すると初年度21万円。2年目以降の利用は同額のサービス利用料が必要とのことで、6万円/年かかるという価格設定だ。


(追記)以下、株式会社FRONTEOコミュニケーションズ 斎藤匠社長から、ロボスタの読者宛にメッセージをいただいたのでご紹介を。


株式会社FRONTEOコミュニケーションズ 斎藤匠社長


今回、一般消費者向けKibiroの予約販売の受付を開始することとなりました。


Kibiroは、“学んで答える、小さなロボット”というキャッチコピーの通り、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載したロボットです。


12月末までの初回受付期間中にご予約頂いた方には、ユーザーモニターとしてご参加頂き、ご意見やご要望をもとにKibiroを共に成長させていきたいと考えております。


「Kibiroと一緒にこんなことが出来たらいいな」を実現したい方は、是非この機会にお申し込み下さい。


僕はこう思った:
既に何度かプロトタイプは見ていますが、実際の製品版を見るのが楽しみです!試用機会があればまたレポートします!


About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム

チャンネル登録