GUGEN 2016応募作品で気になったのをまとめてみました

Pocket

日本最大級のオリジナルハードウェアコンテストのGUGENで今年の応募作品が出揃ってきました。

関連サイト
GUGEN 2016

ということで、応募作品の中でロボット関連や気になったものをまとめてみました。



Paper Company
関連サイト
Paper Company



Wi-PUSHを使ったPepper連打



合体ロボット ガッタイガー



YamaX – 趣味のヒューマノイドロボット



Kobots – iPhoneとLEGOとコネクトするロボット



ヤドカリ型歩行メカ
関連サイト
ヤドカリ型歩行メカ



LiveBall | 球型で自走するロボティックボール



Realistic 2D
関連サイト
Realistic 2D



めざましじゃんけんを可視化する「ダンボールの手」



負担軽減のためのロボットとの共同プレゼンテーションシステム

この他にもいろいろな作品が応募されていますので、興味のある方はGUGENのサイトもご覧ください。

そして、12月17日には展示会と授賞式が秋葉原コンベンションホールで開催されます。実際に体験してみたい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。


GUGEN展示会・授賞式

日時
2016年12月17日(土) 13:00~18:30

会場
秋葉原コンベンションホール

入場
無料 (DoorkeeperPeatixから事前登録でスムーズに入場できます)

展示予定作品数
50作品

プレゼンテーション
6作品

公式サイト
https://gugen.jp/

About the author / 

北構 武憲

本業はサービスロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。サービスロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

連載・コラム

チャンネル登録