【使うと違法?】音声アシスタント「Amazon Echo Dot」が届いたよ! 開封の儀!

echo
Pocket

話題の音声アシスタント、Google Homeに続いて、AmazonのEcho Dotがロボスタ編集部に届いたのでご紹介します。



Echo Dotって何?

DotはEchoの小型版で、音声アシスタントのAlexaを内蔵しており、できることはEchoと殆ど変わりありません。サイズが小さい分スピーカーの容量が減っているんですが、その分安い49ドルという価格設定になっており、部屋毎に設置する使い方を想定したプロダクトになっています。


echo01

Photo: Amazon

スキルと呼ばれるアプリケーションを追加することで様々なWEBサービスやIoTデバイスと連携できます。


echo02

Photo: Amazon

音声アシスタントとしてマイクは6箇所に設置されるなどこだわりが見られます。部屋のどこにいても聞き取れるスペックとのこと。


echo03

Photo: Amazon

スマートフォンで専用の「Alexaアプリ」をインストールして使うようになっています。この仕組みは後発のGoogle Homeも同様です。


echo04

Photo: Amazon

またインテリアに合わせて外観を変えることもできます。



Amazon Echo Dot開封の儀!

さっそく開けてみます。Echo Dotには黒と白の2色の筐体がありますが、ロボスタでは白を選びました。


echo05

Photo: robot start inc.

シンプルで小型なパッケージです。


echo06

Photo: robot start inc.

パッケージ裏面はこんな感じ。


echo09

Photo: robot start inc.

内容物は本体、ACアダプタ、USBケーブル、そしてシンプルな説明書のみです。


echo07

Photo: robot start inc.

本体は上部に4つボタンがあります。本体サイズは直径84mm、高さ32mm。重さはわずか163gです。


echo08

Photo: robot start inc.

背面にはUSBコネクタと、マイクロフォンジャックが装備されています。小型スピーカーの音が不十分な場合、大型のスピーカーを接続することができるようになっています。



使い勝手は?

国内ではまだ技適に対応しておらず、通常利用では電波法違反となる可能性があるため、ロボットスタートでは電源をいれた状態での使用レビューは行えていません…。

オフィシャルの動画を載せるので「Amazon Echo Dot」の使い勝手はこちらでご確認ください。


う〜ん、実際使ってみたいですね・・・。


echo10
Google Home、RoBoHoNと並べてみました。サイズ的に小型であることがよくわかるかと思います。

僕はこう思った:
いずれ、Amazon Echoも紹介します。技適は通っていませんが・・・。


About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム

チャンネル登録