ボストン・ダイナミクスの「Atlas(アトラス)」瓦礫の上で人間のような移動を実現

atlas-walk-main
Pocket

IHMC Robotics Lab.は、ボストン・ダイナミクスのアトラスが瓦礫の上を歩く様子を撮影した動画を公開した。このアトラスには、同研究所が開発した移動システムを搭載している。


スクリーンショット 2016-12-02 17.05.51
このシステムを活用することで、アトラスは不安定な瓦礫の上を歩くことができるようになる。足場の形状は事前にロボットには教えられておらず、足場の形状を把握するためにロボットは不安定な瓦礫の上に一度足を置き、体重移動させながら体を安定させていく。その様子は、まるで人間のようだ。


スクリーンショット 2016-12-02 17.11.00
また、棒の先のようなちょっとした足場の上にも足を置き、歩行することができる。


スクリーンショット 2016-12-02 17.05.40
難しい足場の場合には、上半身を動かしてバランスをとる。この両手でバランスをとる様子もまるで人間のよう。

なんだか最新映像を見るたびに人間くささが増すアトラス。ロボットが人間に近づいているにも関わらず、怖いというより、どんどん可愛く感じてくるのは気のせいだろうか。

About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム

チャンネル登録