快適IoT 2016の最終審査会を取材してきました!ー作品紹介その2ー

IMG_1188 2

ロボットエバンジェリストの西田です。

HEMSアライアンス主催「快適IoT 2016」の最終審査会に参加してきました!

わーわー

一次選考通過作品の発表の続きです!一言感想と合わせてレビューします!



「AMAGUMO」/栗野 正雄

天気に合わせて必要な雨具を教えてくれるデバイスです。


IMG_1260

mythingsを使って天気のデータを取得しているとのこと

IMG_1262

こんな感じで、その日に必要な雨具をキャッチできます。

IMG_1263

他にも色々な応用が・・・?

機械に近づくと、自動的に雨具を渡してくれるのが楽でいいと思いました。天気を意識しなくても、折り畳み傘が落ちてきたら「今日雨降るんだ・・・。」とか分かるのがいいですね。



「妖怪クリーナーズ」/小坂 崇之

現実世界の掃除機がけをゲームコンテンツに用いた、掃除が楽しくなる体感ゲーム


IMG_1268

こんな感じで、ダイソンにアダプターを付けて遊びます!

IMG_1272

ゲーム画面も楽しそう!

IMG_1170

使用言語って、こういう意味でしたっけ?

ゲームセンターにあってもおかしくないようなクオリティのゲームでした!子供もお掃除したくなる・・・のかなあ。単にゲームしたくなるだけの気もします。でも、遊んでみたいなー



「Marguerite for RoBoHoN」/イサナドットネット株式会社

ロボホンがブレーカーを監視をしてくれるアプリ。


IMG_1278

東大駒場リサーチキャンバス公募で展示したアプリとのこと

IMG_1279

ブレーカーが落ちないように制御するアプリ

スクリーンショット 2016-12-16 17.46.43

こんな感じで接続されていました。

家の電気をつけるたびに、ワット数を判断して、ロボホンが伝えてくれました!ドライヤーが40Wで、電灯が20Wだから・・・みたいな感じなのですが、電気つけた後に教えて間に合うのかなって思いました。



「快適IoTビアサーバー with RoBoHon」/久田 智之

ロボホンが上にのっかてるビアサーバー。コインボックスにお金を入れるとビールを注いでくれます。


IMG_1283

なかなかすごい組み合わせ!

IMG_1284

小さな工夫がたくさん組み込まれていました

IMG_1288

ビールを注ぐデモの様子!

写真じゃ一切伝わりませんが、ロボホンが「おいしくなーれ」「冷たくなーれ」って入れてくれるビールは、思わず飲んでみたくなりました! 楽しい!

あと、何気にすごかったのが、ロボホンがスライドに合わせてスピーチしてくれたことです! Googleドキュメントのスライドデータを読み込んでいるそうです。



「快適IoTメリー」/久田 智之

赤ちゃんの頭の上でくるくる回るアレをIoT化した作品です。


IMG_1291

赤ちゃんの頭の上のやつ、メリーと言うらしいです。

IMG_1160

ビアサーバーと合わせ2作品が決勝進出はすごいです。

IMG_1159

赤ちゃんの様子はカメラで配信されます。

ネットワークサービスを使って色々な曲を流せたり、綺麗に光ったり、ずっとクルクル回ってたり、盛りだくさんのメリーでした! 赤ちゃんにほしい!けど、おっこちてきたら怖いなー。その辺大丈夫なのかな。



「Dream Foodmaker FFVR」/TBD KK

プリンに醤油をかけたらウニの味! を真面目に突き詰めた作品です!


IMG_1294

VRで視覚をHACKして、ウニを食べてる気分に!

IMG_1295

聴覚もHACKするみたいです

IMG_1296

触覚もHACK…ウニって震えましたっけ?

他にも色々説明がありましたが、全体的に意味がわからなかったです!これから食べるウニの一生がスライドショーで流れる走馬灯機能(?)などが搭載されていると言っていました。いちど、食べてみたいなー。

※審査委員の遠藤さんも質疑応答で、「プレゼンがほとんどわからなかった。」とおっしゃっていました。

プリンに醤油をかければウニの味になる気がするのですが、その「気がする」というのを、「ウニの味がする!」というところに持っていくために真面目に考えて取り込んでいるなーと思いました!(なぜ走馬灯なのかはよくわかりませんでした。)



「家電の魂」/家電祈祷師

家電のアラーム(炊飯器の「ご飯が炊けました!」とか)を中継するデバイス


IMG_1299

このコンセプトは、わかる気がするなー

IMG_1300

音声をこんな感じで解析しているとのこと

IMG_1303

いろいろ応用が利きそうな仕組みでした。

IoTに対応していない普通の電気製品のアラーム音を解析することで、IoTに対応している感じにする取り組みはすごいと思いました。


まだまだ発表は続きます! 続きは次の記事で!

About the author / 

西田 寛輔
西田 寛輔

とのさまラボ代表。ハイパーメディア・ロボット・クリエイターとして、ロボットアプリの開発を行うほか、自身でもロボットを開発中。ソフトバンクロボティクスが主催する公式アプリコンテストでは2大会連続ファイナリストに選出されるなど、数々の実績を持つ。2016年に、ヒトとロボットの音楽ユニット mirai capsule を結成。ロボスタでは、ロボットエバンジェリストとして活動中。

連載・コラム