Pepper複数台の一斉操作や連動した動作の設定が可能に!Smart at robo for Pepperがバージョンアップ!

msol-peps

M-SOLUTIONS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩、以下M-SOL)は、2016年12月12日に、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper」の動作設定を簡単に行えるM-SOLのオリジナルサービス「Smart at robo for Pepper」をバージョンアップした。

今回のバージョンアップにより、複数台のPepperが一斉に動作したり、連動した動作ができるようになるなど、空港や展示会場など広い場所で複数台のPepperを利用する際の設定が簡単になった。また、録音機能を追加したことで、これまでの選択式のアンケートよりも、幅広い顧客の声をPepperを通して聞くことが可能になる。


Smart at robo for Pepperバージョンアップの概要

「Smart at robo for Pepper」は、「簡単操作であなただけの Pepper 動作を」をコンセプトに、複雑になりがちなPepper の動作開発を効率化し、自由自在に動作設定を行えるM-SOLのオリジナルサービス。
前回2016年10月のバージョンアップに続き、今回も新機能追加と、既存機能の改善を行った。

バージョンアップにより、複数台のPepperが一斉に動作したり、連動した動作ができるようになる。また、設定したセリフや動作の再生タイミングについて、曜日や時間だけでなく、期間や日時も設定できるようになり、クリスマスやバレンタインなどイベントや期間限定キャンペーンに合わせた再生設定ができる。これによりPepperがより情報収集や宣伝に活用しやすくなるだろう。

バージョンアップ後の機能は、新規ユーザーはもちろん、既存ユーザーも追加費用なく利用できる。

main

【新機能】
Pepper複数台対応 台数に制限なく複数のPepperを連携させて、動作させることができるようになった。
※Smart at robo Configの設定で、「API連携」を[有効]にする必要がある。
録音機能 Pepperで録音可能になり、ユーザーの声などがヒアリングできるようになる。録音されたデータはLogに出力され、補足情報などが入力できるように「メモ」を用意。
スケジュール再生機能 再生条件に、期間指定ができるようになった。また、曜日・時間指定に加えて、日付指定による再生スケジュールの設定が可能。


【機能改善】
複数の音声認識ワード登録 「音声認識」機能で、複数のワードに反応できるようになった。
Pepper、Pepperくん、Pepperさん、ロボットなど、Pepperに同じ反応をさせたいワードが複数ある場合でも、1つの設定で対応可能。
※複数のワードを登録する場合は、ワードを全角または半角の丸括弧で括る必要がある。
設定例:(おはよう)(おはようございます)
アクション設定ページの変更 Pepperから離れた場所でも、以下の設定ができるようになった。
・中断ボタンを追加し、すぐに中断できるように改善。
・kintoneの動作情報をすぐに反映できるように改善。
・Pepperの音量を調整できるように改善。
また、アクション設定ページの画面デザインを変更。
ディスプレイ、アクション設定ページのブラウザ対応 Internet Explorer、Google Chromeに加え、Safari、EdgeのブラウザでもPepperのディスプレイ画面の表示や、アクション設定ページの閲覧ができるようになった。
レコードの有効/無効一括更新 登録されたレコードの有効/無効を、一括で更新可能。
※条件による絞り込みを行った場合は、その条件に該当したレコードのみ更新。



なお、M-SOLは羽田空港でロボット製品の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期参加事業者のうちの1社に選ばれ、Smart at robo Pepper を利用したPepperも参加し、 Pepper複数台対応機能を用いたデモンストレーションをお披露目している。

pep-msol02

羽田空港での複数台対応デモンストレーションを行う複数台のPepper


About the author / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

連載・コラム