8月から遂に「無人運転バス」の運行開始! 千葉のイオンモールで12人乗りの「Robot Shuttle」

株式会社ディー・エヌ・エーは、EasyMile S.A.と業務提携し、私有地における無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を2016年8月から運用することを発表した。

「Robot Shuttle」は、EasyMile社開発の自動運転車両「EZ10」を利用した交通システムです。最大12名が乗車できる車両は電気自動車で、運転席はなく予め作成した地図データ上に設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPSを用いて自車両の場所を測定しながら自動で走行する。


20160707_img02

今回利用される自動運転車両「EZ10」

自車両の近くやルート上に障害物を検知した場合はその障害物との距離に応じて自動的に減速・停車をすることで危険を回避します。現状、日本国内では私有地のみ走行が可能なため、各種公共施設・商業施設・テーマパーク・工場などの内部における運用が想定されている。

この度、ディー・エヌ・エーは最初の事例として、2016年8月にイオンモール株式会社による「Robot Shuttle」サービスの試験導入が決定したと発表。イオンモール幕張新都心に隣接し同社が千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園の敷地内において、同店のお客様向けの運営が行われる予定だ。

イオンモール株式会社をはじめとするイオングループは地域・行政・企業などと協働で地域ごとに「地域エコシステム」の構築を推進しており、今回の試験導入は、その柱の一つとなるテーマ「地域内の交通や移動の進化」の一環として位置付けられている。

名称 EZ10
車両サイズ 全長3,928 mm、全幅1,986mm、全高2,750mm、重量1,700kg
最小回転半径 4.5m
駆動方式 電動アクチュエーター 4輪駆動 最大10時間駆動
車体素材 レームおよびシャーシ:アルミニウム  ボディ:ファイバーグラス
最大速度 40km/h
乗車定員 最大12名(着席6名、立ち乗り6名)車椅子の乗車も可能
その他の装備 ・エアコン・管制室と通話可能なインターカム・乗降用の可動式スロープ

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。