News

バーチャルホームロボット「Gatebox」HDMI接続デモ公開、ユニティちゃんが踊る!
NVIDIAがディープラーニングの最新状況を学べるイベントを開催。基調講演「画像処理の進化は3年で16倍に」、自動運転にも注力。AIハンズオンには開発者が多数集まる
サイバーダインのロボットスーツ「HAL®」が成田空港の旅客手荷物ハンドリング業務に試験導入
オンキヨー、 SoundHound Houndify の音声認識と AI 技術を搭載した スマートスピーカー新ラインナップ販売のグローバルパートシップを発表
【速報】新しい週刊ロビ「Robi2」が1月31日より地域限定発売、全国発売は2017年初夏。新カラーリングでカメラ機能搭載、新しい仲間「Q-bo」も登場
“離れて暮らす家族をつなぐ「コミュニケーションパートナー ここくま」が1/25より販売開始!
ロボホンがアップデートでいよいよGoogleカレンダーと連携! そして、ロボホンから積極的に話しかけてくれるようになる
新たなIoT眼鏡の可能性を追求するハッカソン「眼鏡ハック 2017」が2月10日・11日に開催
Microsoft ホロレンズは普及するか? 日本上陸に合わせて技術者たちが研究・開発する新会社「ホロラボ」設立!
NECフィールディングが感情移入できるホームロボットを展示!! AI+ロボット+顔認証技術を使ったモーションフィギュアをスピーシーズ、モノゴコロと共同開発

【速報】Pepperアンドロイド対応開発者向けモデルを7月21日から予約開始

Pepper for Dev

ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンク株式会社は、Androidに対応した「Pepper」の開発者向けモデル「Pepper for Dev」の予約を7月21日(木)から開始すると発表した。

予約は特設ホームページから受付けとなり、期間は2016年7月21日(木)午前11時〜27日(水)午後11時59分まで。この期間に予約すると、2016年8月下旬以降、予約した順に本申込みの案内がメールで届く。

ホームページでの予約よりも更に優先して予約する方法がある。

7月21~22日に開催されるイベント「SoftBank World 2016」の「Pepper World 2016 夏」エリアで、開発者向けAndroid 対応 Pepperの体験コーナーで配布されるクーポンを受け取る方法だ。クーポンには予約コードが記載されていて、予約ホームページでコードを入力することで現時点では最優先での予約申込み扱いとなる。

クーポンや予約ホームページで申込むと優先的に本申込みが可能となるが、申込み時の条件や支払い方法等によって、受け取りについては必ずしも最短で入手できるわけではない。

なお、今回の予約は開発者向けモデル「Pepper for Dev」についてであり、Pepper for Bizや一般向けPepperの予約予定等については発表されていない。また、従来の開発者向けモデルのアップデートに関する情報も発表されていない。

1.予約受付と本申込み期間
予約期間 2016年7月21日午前11時から27日午後11時59分まで
本申込み 2016年8月下旬以降(予定)
購入予約申込みページ http://www.softbank.jp/robot/developer/buy/


2. 価格、料金プラン(税抜き)
本体価格 19万8,000円
Pepper基本プラン(Dev) 1万1,800円×36カ月(分割支払い)
Pepper保険パック 9,800円×36カ月(分割支払い)
総額(3年) 97万5,600円
※別途、ロボット手続き手数料(9,800円)が必要。料金・支払い方法の詳細は後日発表。なお、Pepper基本プラン(Dev)、Pepper保険パックへの加入は必須。本体のみの購入はできない。
※追記 (続報を追記しました 2017.7.13)
【速報】開発者向けモデル「Pepper for Dev」と 一般販売モデルの違いは?
http://robotstart.info/2016/07/13/dev-diff-0713.html

About the author / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

連載・コラム