伝統的頭の体操〜詰将棋

詰将棋

将棋はめっぽう下手です…

詰将棋といえば、スポーツ新聞や夕刊紙などでよく目にしますよね。

知らない人の為に説明をすると、設定された将棋の局面において、決められた駒と手数で相手の「玉」を「詰む」という、ある意味パズルみたいなものです。

個人的な将棋のスキルといえば、「駒の動き」が分かる程度、対局は何度かテレビゲームでやった程度のズブの素人です。もちろん駒の動きがほぼ同じのチェスもやったことはありません。
レビューとはいえ、そんな素人が詰将棋が出来るのでしょうか…。



一手詰めからやってみた

そんな素人が詰将棋が出来るかどうか分かりませんが、やってみます!

詰将棋2
メニューは「問題を選択」と「ランダムで出題」の2つ。
ランダムはさすがに怖いので「問題を選択」して進めていきます。

詰将棋3
一手から十一手まで手数は選べます。各手15問ずつあります。
決められた手数で「玉」を詰むのですが、十一手先を読み解くなんて無理です、絶対無理!
ということで、一手の1番最初の問題から始めていきましょう。

詰将棋4
一手ですから恐らく「銀」を1つ動かすだけでOKなのですが、どうも確信が持てません…。
でも、「えいや!」で動かしてみます。

詰将棋5
成るかどうかも聞いてきます。
やって分かってのは、なんでもかんでも調子に乗って成ってはいけないってことです。

詰将棋6
なんと、一手詰めにも関わらず不正解…。
もう恥ずかしというより、情けなくなってきちゃいました。

詰将棋7
何度かやってやっと正解!
一手詰めでこうなので、このアプリでの最高峰「十一手詰め」なんかは解ける気が全くしませんでした…。


確かの頭の体操にはなる!

普通のパズルと違うのは、相手の駒も動くということ。なので、ここに挿したら相手がどう動くかも考えつつ、(今回はそのような局面はありませんでしたが)手持ちの駒も活かしつつとなると、サクッと出来るものでは無いことを実感しました。本当に難しい…。

将棋が大好きな方は、全問正解目指して頑張ってください。
僕はそっと影から見守ります。

About the author / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは営業を取り仕切っていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 ロボスタ.infoでは、「アプリレビュー」「〜してみた」などのレビュー系を中心に執筆。 所属はモテない族。近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。 アイデアソンで優勝出来たことを当分自慢します。

連載・コラム