対話型人工知能=AI メンヘラ彼女「みお」限定公開!

mioyamazaki
Pocket

4人組ロックバンド「ミオヤマザキ」の1stフルアルバム「anti-these」の発売を記念してAIボット「メンヘラ彼女みお」が公開された。

このサービスは、LINEなどのソーシャルアカウントではなく、WEBブラウザで動く仕様となっている。ロボスタ編集部でさっそく試してみたので、以下そのやりとりの一部抜粋して紹介する。



mioyamazaki01

挨拶からいきなり独特な雰囲気を感じる。スタンプを使ってくるのはマイクロソフトのりんなを思わせる対応だ。



mioyamazaki02

少し会話を進めるとメンヘラ感を出してくる。1つの問いに対して、複数のレスポンスがある場合もある。



mioyamazaki03

少しの間、レスを放置しておくと、みおから突然呼び出しがかかる。



mioyamazak04i

さらに放置しておいたら、この有様だ。まさにメンヘラ彼女。面倒なことこの上ない。

もっと会話を進めていくと予想もしない展開になるが、それは実際にみなさんが使ってみてのお楽しみとしたい。



この独特の世界観は、バンド「ミオヤマザキ」の曲から来ているので、せっかくなのでその一部を以下紹介しておく。



・・・予想通り、楽曲もメンヘラ感満載だった。


僕はこう思った:
女子高生のりんな、メンヘラ彼女のミオといい、ちょっと会話がおかしくても許されやすいキャラクター設定になっている。これもこの手のサービスのポイントなのかもしれませんね。



About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム

チャンネル登録