石黒研究室

テレノイド(telenoid)

テレノイドは大阪大学基礎工学部教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長の石黒浩氏らが開発した遠隔操作ロボット。性別や年齢、人種を意識させず、「人間らしさとは何か」を追求した。遠隔地にいるオペレーターが操作しながら、内部に埋め込まれたカメラとマイクを使用して会話をしてくれる。ロボットは表情を変えず、動作は首の動きとハグする際の肩の動きのみ。このロボットは、情報が足りないものを見た時にポジティブな想像力で補おうとする人間の脳が持つ特性を活かして作られている。一見すると「不気味」「怖い」と違和感を持つ人もいるが、会話を始めると数分で親しみを感じ、多くの人が受け入れることが分かっている。

日本 石黒研究室 アンドロイド 介護施設

製品詳細

概要

アンドロイド

販売開始
価格
価格詳細 レンタルを基本としている。 テレノイド本体と周辺機器:一式 600,000円、1.5時間の研修と1週間のレンタル:6万円
サイズ
カラー
重量
開発環境
自由度
バッテリー
センサー
通信方式 Wi-Fi
公式サイト http://telenoid.co.jp/

関連ロボット

石黒研究室

テレノイド(telenoid)