Amazonで一番売れてるミニドローン「Holy Stone F180C」レビューvol.1「購入したよ!」

drone
Pocket

ドローン熱が冷めやらないので、室内向けドローンを新たに購入することにしました。

以前紹介した「話題のドローン、気軽に外で飛ばしていい場所を探してみた→近所にはない件」を読んだ方は覚えているかもしれませんが、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」ものは、いろいろ自由に飛ばすことはできないんです。

つまり、逆に言えば、「機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g未満の重量のものは、この規制から除外されている」わけです。

200g未満のドローンというと、おもちゃっぽいミニドローンになるわけですが、都内で気軽に飛ばすためには選択肢は他にありません。(なお200g未満だからといって、人がたくさんいる場所や危ない場所は飛行禁止です。)

さっそくamazonで探してみました。


drone001

「ドローン」でamazonを検索
すると一番評価が高いものが出てきます。


drone002
ミニドローン「Holy Stone F180C」。お値段8,420円。安っ。もちろん200g切りの軽量かつミニサイズです。

これで、6軸ジャイロを搭載して、ヘッドレス(無頭)モード、ワンキー帰還、3D宙返り機能付き。さらに720p対応200万画素HDカメラまで内蔵してて、この価格ですよ?

さらにバッテリーまでスペアがついてくるという・・・。信じられないほど激安価格です。さすが中華製。


drone003
レビューの結果も悪くはありません。中国製品によくある初期不良がたまにあるようですが、それ以外のレビューはざっと見た限り概ね好評でした。

よし、これを買うぞ! これでドローンライフを始めるぞ!

続く・・・

僕はこう思った:
初めて飛ばせるのかどうかはよくわかりませんけど、まぁ、一番売れてるドローンなんだから、どうにかなるよね?



About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム

チャンネル登録