千葉工業大学

CanguRo(カングーロ)

CanguRoは「人と馬の関係」をコンセプトに開発された主人に寄り添うパートナーロボット。千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター「fuRo」とプロダクトデザイナー山中俊治氏によって生み出された。CanguRoは「ライドモード」(移動)と「ロイドモード」(ロボットモード)の2種類の形態を持つ。「ライドモード」はユーザーが乗って移動する電動モビリティとして利用できる。「ロイドモード」はユーザーに追従してショッピング等をサポートしたり、時には友人・家族とのコミュニケーションロボットになる。CanguRoが遠方にいても、スマートフォンやタブレットから呼び出すと、fuRo独自のSLAM技術「scanSLAM」により指定の場所まで完全自動操縦機能で迎えにきてくれる。

日本 千葉工業大学 コミュニケーション パーソナルモビリティ 街中

製品詳細

概要

ライドモード時の速度は時速10km。衝突を回避して、自動ブレーキを行う「スマートストップ機能」を搭載し、事故を未然に防ぐ。

販売開始
価格
価格詳細
サイズ 全長、550mm(ロイドモード) / 750[mm](ライドモード)、全幅、440 [mm]
カラー
重量 64Kg
開発環境
自由度
バッテリー
センサー 3次元レーザーセンサ、広角カメラ、後部距離センサ、慣性計測装置、床反力センサ
通信方式
公式サイト https://www.furo.org/ja/works/canguro/

千葉工業大学

CanguRo(カングーロ)

Marathon Target

DRU(ドリュー)

DRUは、ドミノピザの配達業務を行う自動運搬ロボット(AGV)デリバリーロボット。ピザを保温、ドリンクを保冷状態で保つ事ができる。正式名称はDomino'sRobotic Unit。店舗を出発点、顧客のドアを目的地として、自動的に最適な経路を設定し、歩道を使用して安全な速度で配達を行う。オーストラリアの一部で導入されている。

アメリカ Marathon Target 配送 商業施設 街中 法人

製品概要

今後は世界に展開

上部にキャリーボックスが設置されており、ピザやドリンクを収納する事ができる。ほかにも様々な場所にLEDが埋め込まれているため、夜の視認性も高い。車載センサーも多く搭載しているため、道から外れず、障害物を回避しながら移動することができる。ロボットはオーストラリアで軍事ロボットの開発を行っている「Marathon Target」が提供している。今後は世界に展開するとしており、公式サイトでは「日本に登場する日はまだ先になりそうですが、考えているほど遠くはないのかもしれません。」とアナウンスしている。

Marathon Target

DRU(ドリュー)

メーカー希望小売価格

MegaBots Inc.

Eagle Prime(イーグルプライム)

Eagle Primeは、実際に操作することができる巨大ロボット。高さ4.9m、重さ12t。武器やアタッチメントを交換可能な前腕を持ち、巨大なアームはドラム缶を吹き飛ばし、車を軽々と持ち上げる。巨大ロボット対決では、水道橋重工のクラタスと勝負し、チェーンソーと銃器を持って勝利した。公式ホームページではコミック(漫画)を公開している。本体は販売していないが、Tシャツ、ステッカーなどのグッズを販売している。

アメリカ Megabots エンターテインメント 展示会

製品詳細

概要

エンターテイメントロボット

販売開始
価格
価格詳細
サイズ 高さ4.5m
カラー
重量 12t
開発環境 -
自由度 -
バッテリー -
センサー -
通信方式 -
公式サイト https://www.megabots.com/

MegaBots Inc.

Eagle Prime(イーグルプライム)