京商製、低空飛行レース用ドローン「DRONE RACER」レビューvol.1「購入したよ!」

drone
Pocket

ロボスタ編集部のドローン部、さらに活動の幅を広げるべく、京商製ドローン「DRONE RACER」を購入したので報告します。


drone01

Photo: kyosho

なぜこのドローンを選んだかと言えば、重量が200g未満(航空法の規制対象に入らず、特定の禁止区域以外であれば自由にフライト可能)であること、そしてコントロールがしやすそうだったから!


drone03

Photo: kyosho

高さの制御が自動になっているというのがポイントです。地上35cmまたは60cm上空を自動的にキープしてくれるんです。地上に段差などで変化があってもそれを自動で追随してくれるというんです。こんなドローンが欲しかったんです!

仕組みは、機体に内蔵された超音波センサーと気圧計により高度は自動制御しているそうです。とにかくありがたい機能です。

そして、大事なことですが安全性も配慮され、衝突、物が挟まったとき、機体が傾きすぎた時、電波が途切れた時など危険な状況ではプロペラが自動で停止する仕組みとなっています。ありがたいですね。


drone02

Photo: kyosho

そして、上下の制御がないため、コントローラーは車のラジコンのプロポのようなデザインです。ハンドルとアクセルしかないため操縦しやすそうですよね。京商ドローンコントロールミキシングシステムというもので、ホイール操作にあわせてロールとヨーを最適にミキシングしているそうです。これでスムースな旋回ができるのだそうです。


drone04

Photo: kyosho

気になるお値段ですが、公式サイトでは¥28,080(税込)です。必要なものが全て揃ったレディセットの価格なのでこんなものかなと思います。


drone05

Photo: kyosho

以下公式サイトの動画です。

こんな動画見せられたら、めっちゃ欲しくなりません?(^-^)

ということで次号に続きます。

僕はこう思った:
次回、開封の儀からお伝えしていきます!ドローン、超楽しいです!



About the author / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

連載・コラム

チャンネル登録