おばけ探知機「BAKETAN」最新版は霊界とコミュニケーションできるロボット!? 霊体センサー搭載 ソリッドアライアンスが発表

株式会社ソリッドアライアンスはおばけ探知機「BAKETAN」(ばけたん)シリーズ最新作となる、世界初の霊界コミュニケーションロボット『BAKETAN WARASHI』(ばけたん ワラシ)の発売を開始したことを2022年1月12日に発表した。価格は4,980円(税込)。対象年齢は15歳以上。


おばけを見つけると話しかけてくれるロボット

「BAKETAN WARASHI」(ばけたん ワラシ)はソリッドアライアンスのベストセラー商品「おばけ探知機ばけたん」で使用されている、乱数を利用した「ばけたんアルゴリズム」機能に加え、移動する物体を捉える「霊体センサー」、霊の出現時に変化すると言われる温度変化を検出する「霊温センサー」を搭載し、おばけを見つけてコミュニケーションをする特殊なロボット。

本体サイズ:85×50×60(mm)

自動サーチモードで24時間常に周囲を見張り、異常を発見すると自動で赤もしくは青く光り、しゃべって教えてくれる。背中のボタンを短く1回押すと手動サーチモードとなり、その場の状態を測定していろんな言葉を話す。また、一定時間おばけから身を守ってくれるバリアモード機能も搭載している。

「BAKETAN WARASHI」には単四電池2本(別売り)が必要


機能説明


●手動サーチモード
背中のボタンを1回押すと、ピッという音とともに測定開始。何度か色が変わり、最後にゆっくり点滅した測定結果の色とともにWARASHIがおしゃべりしてその場の状態を教えてくれる。(おしゃべりモードに設定の場合)

WARASHIは気まぐれのため、短時間に何度もボタンを押すと機嫌が悪くなってしまうことがある。

●自動サーチモード
何もしなくても10分に1回、自動で周りの環境を測定。何か異常があった場合は「ボーン」と音が鳴り、青または赤の点滅とともにWARASHIがおしゃべりをして知らせてくれる(おしゃべりモードに設定の場合)。

●バリアモード
背中のボタンを押したままの状態にすると、白色の高速点滅の後にWARASHIがしゃべってバリアモードに突入し、バリアモード中は白い光がゆっくりと点滅する。点滅が終了するとバリアモードは解除となる。

●3段階の切り替えスイッチ
WARASHIの本体底面には「人感ランプモード」「おしゃべりモード」「無口モード」の3段階の切り替えスイッチが付いている。無口モードでは光のみでワラシはしゃべらなくなる。また人感ランプモードでは一定時間動く物体に対してのみ反応し、ゆっくり色が変化する「人感ランプ」として使用できる。

注意事項(リリースより引用)
本製品は当社独自の仮説に基づき開発・製造されたものです。必ず霊界とコミュニケーションが行えるというものではございません。また場の状態及びその検出方法は当社の見解に基づくものであり、科学的な検証を経たものではありません。霊障、その他の影響については当社は一切責任を負いかねます。
取扱説明書をご確認の上、使用方法に従い楽しくお使いください。対象年齢15歳以上。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム