KIROBO MINI(キロボミニ)

ロボット名 KIROBO MINI(キロボミニ)
ロボットの特徴・概要等

ロボット宇宙飛行士KIROBO(キロボ)のミニバージョンとして開発されたロボット。第44回東京モーターショー2015で初お披露目されました。トヨタが愛車のように、愛を感じる、愛のある機器として側に置いて欲しいという思いから誕生した手のひらサイズのコミュニケーションロボットです。ユーザーと一緒に行った場所を記憶したり、好きな食べ物、趣味などを理解していきます。ユーザーとの会話はキロボミニからスマートフォンを介して、クラウドの会話エンジンで行われます。顔認識機能があり、笑顔を認識することもできます。可動部は頭が2自由度、手が1自由度×2。

販売開始 2017年5月10日より予約開始、5月下旬に順次販売店で引き渡し 価格 本体 42,984円(税込)、チェア付キャリーケース(オプション)6,426円(税込)、専用アプリ使用料金 月額350円(税込)
サイズ 約 91 × 100 × 86 ㎜ (全幅×座高×奥行) 重量 約183g(体重)
開発環境 - 自由度 4
バッテリー リチウムイオン電池 930 mAh センサー CMOSカメラ、磁気センサー (専用ケース用 着座検知)、 マイクロホン×3、 スピーカー
通信方式 Bluetooth 4.0 URL https://toyota.jp/kirobo_mini/

※掲載されている情報は、取材時のデーターに基づき記載しております。最新の情報や購入方法、ロボットの使用方法の質問などにつきましては、各メーカー及び販売店に直接お問い合わせください。

KIROBO MINIのメーカーサイトへ

関連記事

PR

連載・コラム