シャープ

RoBoHoN(ロボホン)

ロボットクリエイターの高橋智隆さんとシャープが共同開発した二足歩行コミュニケーションロボット「ロボホン」。Androidをベースに開発されており、背中のディスプレイからスマホのように操作することも可能。2016年に発売され、2019年には新型モデルが発売された。当初はSIM対応の携帯電話型のロボットという点が強調されていたが、その後の進化では要望に伴い、Wi-FIのみのバージョン(税抜 120,000円)や、据え置き型の「ロボホンライト(税抜 79,000円)」が発表された。

日本 シャープ オフィス 介護施設 商業施設 学校 家庭内 展示会 店舗 個人 法人

製品詳細

概要

ロボットクリエイター高橋智隆氏のロボット技術と、シャープの携帯電話技術が融合したコミニケーションロボット。背中に携帯情報通信端末がついており、Androidの知識があれば、アプリを作ることも可能。周囲のおすすめの飲食店を調べたり、ラジオが聞けたり、レシピを調べたりなど個人向けのアプリも多数準備されている。

販売開始 2016年5月26日
価格 180,000円(税抜)
価格詳細 LTEモデルの本体価格は180,000円(税抜)、Wi-Fiモデルは120,000円(税抜)、着座Wi-Fiモデル「ロボホンライト」は79,000円。それぞれ別途ココロプラン(月額980円・税抜)に加入する必要がある。
サイズ 約19.8cm
カラー 白黄/白黒
重量 約395g
開発環境 Android Studio
自由度 13
バッテリー 実使用時間1日以上
センサー 9軸(加速度3軸、地磁気3軸、ジャイロ3軸)、照度センサー
通信方式 LTE/3G・Wi-Fi・Bluetooth
公式サイト https://robohon.com/

180,000 円 (税抜)