Pepper(ペッパー)

ロボット名 Pepper(ペッパー)
ロボットの特徴・概要等

Pepperは自分の判断で動くことのできるロボットです。テレビ、パソコン、スマホなど、人間が操作し、道具として役立ってきたこれまでの機械とは違い、人間とのふれあいの中で自律的に反応しながら、あなたを楽しませてくれます。

自ら感情を持ち、行動します
Pepperには表情と声からその人の感情を察する「感情認識機能」が備わっているだけでなく、独自の感情機能により、自ら感情を持ち、行動します。

販売開始 2015年2月〜 一般向け:2015年6月〜 価格 本体価格198,000円 月額 × 36ヶ月:基本パック14,800円 保険パック9,800円
サイズ H1210mm×425mm×485mm 重量 29kg
開発環境 Choregraphe 自由度 20
バッテリー 12時間以上 センサー 頭:マイク×4、RGBカメラ×2、3Dセンサー×1、タッチセンサー×3胸:ジャイロセンサー×1手:タッチセンサー×2脚:ソナーセンサー×2、レーザーセンサー×6、バンパーセンサー×3、ジャイロセンサー×1、赤外線センサー×2
通信方式 Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)イーサネットポート ×1(10/100/1000 base T) URL http://www.softbank.jp/robot/consumer/products/

※掲載されている情報は、取材時のデーターに基づき記載しております。最新の情報や購入方法、ロボットの使用方法の質問などにつきましては、各メーカー及び販売店に直接お問い合わせください。

Pepperのメーカーサイトへ

関連記事

PR

連載・コラム