ユカイ工学、見守りロボット「BOCCO(ボッコ)」の「鍵センサ」を新発売!振動センサの単体販売も!

2016年10月4日より、ユカイ工学がBOCCOと連動するセンサを新たに発売する。

今回発表されたセンサは、外出先から鍵の締め忘れが確認できる「鍵センサ」と、ドアなどの振動を感知する「振動センサ」の2種類。価格はどちらも3,980円だ。



bocco01

Photo: ユカイ工学 / Bocco

また、今回のセンサの発売を記念して、「鍵センサ プレゼントモニターキャンペーン」を開始した。

アンケートに答えると抽選で5名に「鍵センサ」をプレゼントとのこと。キャンペーンの締切は10/14。



bocco02

Photo: ユカイ工学 / Bocco

ユカイ工学は、現在開催中の「CEATEC JAPAN2016」において、SIMカード搭載のBOCCO、宅配BOXの荷物通知、QRIOスマートタグとの連携、家電製品を制御する「ねぇ、BOCCO」(仮)などの展示を行っている。BOCCOのこれからの機能拡充は目が離せない。


僕はこう思った:
これからも新しいセンサが登場することを期待したいですね。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム