パナソニック「エボルタ トライアスロンチャレンジ記念パック 泳ぐエボルタくん付」を買ってみた。

今回は「パナソニック 充電式EVOLTA 急速充電器セット 単3形充電池 4本付き 限定パック K-KJQ08S40W」という製品を紹介します。価格は1,500円ですが、既にAmazonでは在庫切れとなっています。でもほしいものリストに追加しておいてもらいたいくらい、なかなかロボット的にいい感じなのです。


evolta1-02

Photo: robot start inc.

これがパッケージ。通常販売されているものではなくて、あくまで「EVOLTAトライアスロンチャレンジ記念パック」というものです。


evolta1-03

Photo: robot start inc.

メインは「急速充電器」。充電器に単3の充電池2本、そしておまけとなる「エボルタくん」がセットになっています。


evolta1-07

Photo: robot start inc.

充電器と電池をセット。至って普通な作りですが、パナソニックということで安心感があります。また、この充電器は単3だけでなく、単4でも充電できます。付属している単3電池は、くり返し回数約1,800回使えるというものです。


evolta1-08

Photo: robot start inc.

充電開始してみました。フル充電か否かをランプで教えてくれるので分かりやすい仕様です。


evolta1-04

Photo: robot start inc.

これが「泳ぐエボルタくん」のおまけです。個人的にはこちらがメインなんですけどね。


evolta1-05

Photo: robot start inc.

背中に電池を背負っていますが、これは見た目だけです。


evolta1-06

Photo: robot start inc.

このエボルタくんはゼンマイ式で、腕の下にあるゼンマイを巻くことで、両腕がぐるぐる回ります。これでお風呂なんかで泳がせて遊ぶというものなんですね。ロボスタ編集部にはお風呂がないので、タッパーで泳がせてみました。

小さいお子様がいればきっと喜ぶだろうなと思います。

僕はこう思った:
せっかくなら電池で泳いでくれたらなお良いのになと思いますが、おまけにそこまでいうのも酷ですかね。


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム