知られざるトルコのロボットメーカー「AKINSOFT Robotics」のロボットたち

今回はトルコ共和国のロボットメーカー、AKINSOFT Roboticsの手がけたロボットを紹介したい。



AKINSOFT Robotics

akin robotics01

Photo: AKINSOFT Robotics

AKINSOFT Roboticsの親会社はトルコのソフトウェア開発会社AKINSOFT(1995年設立)であり、そのロボット部門として分社化したもの。公式サイトで紹介されていたオフィスビルを見る限りかなり大規模なロボットメーカーだ。2011年にロボットの開発を始め、現在に至っている。


akin robotics02

Photo: AKINSOFT Robotics

ヒューマノイドとして人間サイズのロボットをリリースしている。これらのロボットはチップを除いて全てトルコで内製されているという。


akin robotics03

Photo: AKINSOFT Robotics

既にロボットに服を着せて活用しているのが驚きだ。

以下、AKINSOFT Roboticsの手がけたコミュニケーションロボットを紹介していく。



AKINCI-1: AKINSOFT HUMANOID ROBOT

これが同社初のヒューマノイドロボットプロジェクト。身長145cm、重さ42kg。言語はトルコ語のみに対応。自由度は23ある本格的なロボットだ。


akin01
akin02


AKINCI-2: AKINSOFT HUMANOID ROBOT

2号機がAKINCI-2。身長160cm、重さ65kgと大型化されている。最初のAKINCI-1は電源ケーブルが必要だったが、稼働1時間のモバイルバッテリーを搭載したことで大型化している。自由度は46と大幅に増えている。人の検知だけでなく、物体の検知も可能になった。もちろん見た目通り2足歩行ロボットになっている。


akin03
akin04




AKINOID-3 (AKINCI-3)

続いて現在開発中なのがこのモデル。身長160cm、重さ85kg。バッテリー持続時間は2時間に増加、自由度も53でさらに増加した。音声認識、会話エンジン、センサーなども大幅に強化され、近々正式に発表予定という。


akin05
akin06




Waitress Robot ADA

ロボスタ的に気になるロボットがこちらの「ウェイトレスロボットADA」。身長150cm、重さ36kg。二足歩行ではなく、車輪で動くシステムだ。これによりバッテリーは22時間持つようになった。見た目も、ウェイトレスをイメージしたものになっており、コミュニケーション機能も飲食店でのオーダー受付、テーブルまで食事を運ぶことも可能になっている。


akin07
akin08




ROBOT HOSTES ADA

続いて、前述のADAのセカンドモデルとなる「ROBOT HOSTES ADA」。身長150cm、重さ40kg。3つのコムにホイールで動く部分は変わらない。移動は秒速20cm。バッテリーは24時間持つようにアップグレードされた。見た目の造形も顔がより立体的になるなど改善されている。現在プロトタイプの状態だが、今後、空港、バスステーション、ショッピングモールなどでサービス提供する予定という。


akin09
akin10


僕はこう思った:
ADAシリーズはなんとなくPepperのスタイルに似てますね。細部はぜんぜん違いますけど・・・。
外部リンク
AKINSOFT Robotics

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム