ソフトバンク コマース&サービスがAKAの英語学習ロボット「Musio X」を4月14日発売へ

ソフトバンク コマース&サービスがAKAの「Musio X(ミュージオ エックス)」を2017年4月14日より販売開始する。それに合わせて予約受付は3月17日、本日よりりSoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部家電量販店で開始となる。



musio x01

Photo: AKA




Musio Xとは

「Musio X」は、英語学習を目的としたのコミュニケーションロボット。


■「Musio X」の特長
 1. 最先端のビジョン認識技術による顔認識や、声紋分析による音声認識が可能で、
   自分だけのMusio Xになります。
 2. クラウドから情報を探し出し、さまざまな質問にも受け答えすることができます。
 3. ディープラーニング基盤の人工知能コミュニケーションエンジンを搭載し、
   話せば話すほど賢くなります。
 4. 専用スキャナ「Sophy」を使って専用教材の読み取りが可能です。
   正しい発音も学ぶことができます。
 5. スマホアプリ「Musio」と連携し、設定や学習状況が簡単に確認できます。


■ラインアップ・価格(税抜)
 ・Musio X:9万8,000円
 ・Musio X 教材セット:12万8,000円
 ※どちらのラインナップも会話モードを利用時は、
  本体価格に加えFriend Plan(月額980円~/1ユーザー)への加入が必要。



musio x02

Photo: AKA

以下の動画を見れば、使用イメージが湧くはずだ。



僕はこう思った:
Musio X買うなら、教材セットを選んだほうが、とっつきやすいと思います。お子様にも使ってもらう場合は特にです。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム