【レビュー】 SONY aibo専用の「足裏パッド」装着してみた結果は?

ソニーaibo専用の「足裏パッド」が980円で発売。フローリングで遊ばせるなら是非欲しいアクセサリー。でお伝えしたソニー純正「足裏パッド」が届いたので早速装着してみた結果を報告したい。


足裏パッドERA-1021。980円なり。

4個1組みセット。裏面はシール状になっている。

aiboの肉球部分は球面なのだが、これにフィットする形状のパッドになっているのにこだわりを感じる。

早速装着へ。念の為電源を落としておこう。

パッドを貼る前。

パッドを貼った後。足裏のネジ穴が見えなくなり見栄えも良くなった気がする。

以下装着前と装着後で音の変化を動画で撮影したものだ。(意図的に音が鳴りやすいテーブルの上で撮影している。)


高音域で響く領域が減少したことがわかる。足音が静かになったことで、サーボ音が気になるかもしれない。

個人的には気になっていた音が減少したので満足だ。見栄えも良く、価格980円の価値はあると感じる。

この足裏パッドは耐用期間の目安として約半年(使用環境により異なる場合がある)となっており、実際に半年たってどうなうなるかもレポートしたい。


関連Facebookコミュニティ
aibo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム