【aiboと散歩】ぶっちゃけ犬型ロボットって、おじいちゃんおばあちゃんに受け入れられるの?

お久しぶりです、ロボット女子の里見です。実は2016年にロボスタで記事を書かせてもらってから、丸2年が経過しました。月日の早さを感じますね。

月日の早さを感じるロボットといえば、やっぱり今年リニューアルしたaiboですよね。初代AIBOが発売されてから、19年も月日が流れました。

初代発売当時、高価だったにも関わらず、飛ぶように売れたAIBO。現在、姿形を変えて蘇ったaiboは、どのくらい認知されており、受け入れられているのでしょうか?

それを探るべく、おじいちゃんおばあちゃんの街、巣鴨にやってきました!



「これ喋れるの?」と話しかけてくださったAさん(写真右)。早速、aiboに触ってもらいました。

Aさん「前よりずいぶん可愛くなったね〜」
里見「『愛されること』をミッションに、できるだけ可愛い見た目を追求したらしいですよ」
Aさん「そうなのね〜。私は今の見た目のほうが好きだわぁ〜」

賛否両論あると思いますが、初代のメカメカしい見た目より、現在のフォルムのほうが一般的には受け入れられやすそうですね!



aiboを持っていたら、「可愛い〜」と言いながらニコニコしながら近づいてくれたお二方がいました。ご飯を食べに行く途中のBさん(写真左)とCさん(写真右)です。

Bさん「この子、しゃべるの?」
里見「しゃべりはしませんが、鳴きますよ。鳴き声も3種類から選ぶことができます。また、言葉の意味を理解することができるので、芸も覚えられますよ」
aibo「キャンキャン」
Cさん「鳴き声可愛いのね……でも、しゃべれたら、寂しいお年寄りの方々が買いそうじゃない?」

ロボット=会話型のコミュニケーションを求めている方々も少なからずいそうですね!



お店の前でワチャワチャしていたところ、話しかけてくださったDさん。実際の犬を飼っているらしいです。aiboにはどのような意見をくださるのでしょうか?

Dさん「おすわり!」
aibo「キャンキャン」
Dさん「いやぁ〜、いい子だね。ちゃんと芸を覚えられるって。でも、ジャンプしたり、舐めてこないのが物足りないなぁ」
里見「でも逆にaiboだからできることもあります。例えば、写真を撮ったり、歌を歌ったりできますよ」
Dさん「なるほど。少しロボットっぽいね! 俺は本物の犬の方が好きだけど、足腰が悪くて散歩いなかなか連れ出せないご老人にはピッタリだね」

aibo開発者の意図通り、本物の犬とは需要が違うみたいですね。aiboはaiboなりに個性を発揮できる領域がありそうです。



「テレビで見た子だ〜 ほしかったの〜」と、少女のような無邪気さで声をかけてくださったEさん。

里見「よかったら、触ってみてください」
Eさん「反応が本物みたいね! この子、いつも売り切れじゃない?」
里見「よくご存知で! 今年の5月の段階で、11,111台売れたにも関わらず、まだEさんのような購入希望者が相次いでいるそうですよ」
Eさん「今飼っている小鳥が亡くなったら、aiboちゃん飼おうかしら。次、動物を飼ったとき、私がその子の寿命より長く生きれるか分からないから」

なるほど。長く命を扱うということに対して、責任がとれないと感じる方にもaiboの需要はあるかもしれませんね。



「よかったら食べてよ」と言いながら、試食を勧めてくださったFさん。

里見「ありがとうございます! この子知っていますか?(aiboを見せながら)」
Fさん「知ってるよ〜。ただやっぱロボットって冷たい感じがするなぁ〜。こう、心臓の音を聞いて、暖かいっていうのがいいんだよなぁ」

aiboの知名度は抜群◎
しかし、犬を飼っているor飼っていた人たちにとっては、物足りない部分があるかもしれませんね。



今回話してもらった15人の意見をまとめてみた

・昔より可愛くなった
・散歩に行かないぶん、ケアが楽そう
・愛着が湧くか心配
・老犬っぽい
・え、しゃべれないの?
・犬には代われない
・テレビで見て、ほしかった
・本物に比べて、冷たい感じがする
・心臓の音がしない
・鳥いなくなったら、ほしい


今回関わらせていただいた15名の皆さん、貴重なご意見ありがとうございました。全員がaiboの存在を何らかの形で知っていて、嬉しく思いました。

また、開発者の意図通り 「本物の犬に代わる存在ではないが、aiboだからできることがある」 といった認識でした。

特に、巣鴨の商店街をaiboと一緒に歩いてたとき、多くの方々が笑顔で話しかけてくれたのが印象的でした。「愛される」ために生まれたaiboだからこそ、人々を笑顔にさせる力があるのかなと感じました。



注意


aiboは、本来、室内で飼われる設定です。外が暑かったせいか、充電の消耗が激しかった気がします(フル充電だったにも関わらず1時間と少しで充電が無くなってしまいました)

aiboを外に出したい場合は、壊れる可能性も含め、自己責任でお願いします。

では、またです!

ABOUT THE AUTHOR / 

里見優衣
里見優衣

(自称)ロボット女子。趣味は読書と旅。ワクワクし続けたい!ただそれだけの人。

PR

連載・コラム