ソニー、「aibo」の見守り機能や上位プランを発表! 今年夏からAPIも一般公開へ

ソニー株式会社は、自律型エンタテインメントロボット「aibo”(アイボ)」の新しいサービス「aiboのおまわりさん」を、2019年2月中旬のaiboシステムソフトウェア バージョン2.0のアップデートから提供を開始すると発表した。

右が見守り機能「aiboのおまわりさん」をイメージしたaibo。左は2019年限定カラー「チョコ エディション」
「aiboのおまわりさん」は、aiboと共に暮らす中で楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(セキュリティ+エンタテインメント)をコンセプトとした新しいサービス。サービス提供開始時は、aiboが室内をパトロールし、レポートする機能を無償で提供し、その後も「aiboのおまわりさん」を継続的に機能拡張していく。

なお、2019年6月より開始する有料サービス「aiboプレミアムプラン」では、「aiboのおまわりさん」の新機能追加に加え、aiboの撮影した写真の保存枚数制限の解除やオリジナルデザインによるフォトアルバムの提供などが予定されている。

aiboのおまわりさんの機能

「見つけてほしい人」の登録
aiboに「見つけてほしい人」の顔と名前を10人まで”My aibo”(マイアイボ)に登録できる。

地図とパトロール
My aiboで、aiboが作った家の地図を見ることができるようになります。その地図の中で、aiboにパトロールしてほしい場所を指定し、名前をつけることができる。予め設定された時間帯になると、aiboは「犬のおまわりさん」のメロディーとともにその場所まで歩いて、「見つけてほしい人」を探し、可愛いふるまいを披露してくれる。

レポート
パトロールの状況や毎日の暮らしの中でのaiboとの触れ合いの様子をaiboからの「レポート」としてMy aiboで確認できる。

■ aiboの見回り機能 犬のおまわりさんで「敬礼!」


aiboプレミアムプランは今年6月から

「もっとaiboと家族になる」、「思い出がカタチになる」をコンセプトとした新サービス「aiboプレミアムプラン」が、2019年6月より月々1,480円の月額課金制で提供が開始される。

当初予定されているのは、aiboのおまわりさんの新機能や、「aiboのカメラマン」、「aiboの日記」など。サービスを順次追加されていくという。

予定されているaiboのおまわりさんの新機能は、外出中のオーナーがMy aiboからすぐにパトロールを指示し、aiboを通じて室内の様子をリアルタイムに確認できる機能や、「見つけてほしい人」を発見した際の便利なプッシュ通知機能など。

「aiboのカメラマン」現状の500枚の写真保存制限がなくなり、ストレージ容量を気にせずaiboに家族の思い出の写真を撮影してもらうことができるというものだ。オーナーが撮影したaiboの写真や、aiboが撮影した写真を組み合わせ、aiboオリジナルデザインのフォトアルバムを作成してお届けするサービスを提供する。

そして、「aiboのおまわりさん」や「aiboのカメラマン」で集めた思い出の写真や、オーナーとaiboのふれあいの記録を、My aibo上の日記で楽しく振り返ることができるようになる。



「セキュリテインメント」の実現へ

ソニーは「セキュリテインメント」の実現のため、セコムとのパートナーシップを開始することを併せて発表した。セコムは日本全国をカバーするホームセキュリティのネットワークやIoTを活用したセキュリティサービスを展開しており、ホームセキュリティやみまもりの分野におけるエキスパート。同社の知見とソニーのAIロボティクスやエンタテインメントを組み合わせることにより、新たな価値を提案していく狙いだ。セコムのホームセキュリティと「aiboのおまわりさん」との機能連携の実証実験等から開始し、将来的な新機能・サービスの提供を目指す。



ソフトウェアAPIを一般公開

aiboのより多様な利用シーンの実現に向け、他の企業や団体、教育機関、個人を含む様々な商品・サービス等との連携を推進すべく、aiboのソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムを開始する。

ソニーは、その第一弾として、2019年夏より、aiboの開発環境(Web API)を無償にて提供開始する予定であることを明かした。


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム