サイネージを見ている人数を性別・年齢別に顔認識で計測、クラウドなしでも視聴効果を計測「SCORER for Signage」

案内画面を見てくれている人の性別や年齢を分析するのに、もうクラウドはいらない、端末だけで処理できる時代になったのかもしれない。

株式会社フューチャースタンダードは、顔認識技術を活用したサイネージの視聴効果計測サービス「SCORER for Signage」を正式にリリースし、販売を開始することを発表した。

SCORERは、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォーム。同プラットホームの特徴は、大手システム開発企業やAIベンチャーなどが保有している、高性能・高機能な映像解析技術、ネットワーク技術、クラウド技術、組込み技術の提供を受けることで、これらを一元的に管理利用することができる。

SCORER for Signageは、提供されるUSBカメラと小型の専用端末をサイネージに設置するだけで、閲覧した人の性別・年齢別の視聴数を計測し、ダッシュボードで確認できるサービス。同サービスの特徴は、解析処理を小型の専用端末のメモリー内で行なっている為、クラウド上のサーバーへのアップロードが必要なく、映像データが残らないという点だ。


同サービスにはRaspberry Piが利用されており、費用対効果に見合ったランニングコストで実装することができる。さらに、セットトップボックスと連携させることで、性別・年齢別のターゲティング広告も可能となる。

リリースに先立ち、導入第一弾として、シスコシステムズ合同会社が開発する、観光向け多機能サイネージ「シスコ スマート サイネージ」への採用が決定している。

シスコ スマート サイネージ


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム