AIカメラ1500台を導入するトライアルのスマートストアは4月19日から

トライアルホールディングスは、4月19日(金)に、旗艦店となる「メガセンタートライアル新宮店」を”スマートストア”にリニューアルオープンすることを発表した。

トライアルは、日用品や雑貨などを販売する大型店舗の運営を行なうトライアルスーパーセンターを子会社にもつ。さらに昨年11月には株式会社Retail AIを新設し、国内に約50名、中国に約300名のエンジニアを抱え、リテール(小売向け)AIテクノロジーのリアル店舗への開発・導入も行なっている。大手電機メーカーやAIベンチャー出身の技術者が集結し、高いレベルのリテールAI技術の開発・技術導入を行うことで、ハードウエア、ソフトウエアの自社開発、店舗への導入までを一気通貫で対応し、トライアル以外の小売店舗へ提供も予定しているという。

4月19日にリニューアルオープンする「メガセンタートライアル新宮店」はRetail AIが独自開発した「リテールAIカメラ」が1500台導入される。「リテールAIカメラ」は過去の導入、導入コストを大幅に抑え、店舗に大量導入することを可能にしている。


リテールAIカメラ

リテールAIカメラによる分析表示

例えば、飲料コーナーで利用者がショッピングカートか買い物カゴでお買い物しているのかをAIで分析し、サイネージと連動させることで利用者の購買行動に合わせた情報を提供することが可能になる。新店舗では他にも、電子プライスカードを7,000枚、レジカートを200台、サイネージを210台導入するという。

メガセンタートライアル新宮店は、福岡県の「大蔵(新宮町)」バス停より徒歩約2分、「福工大前」駅 徒歩約16分の場所にあり、店舗の面積は約3,600坪。取扱商品は、生鮮食品・食品・弁当・惣菜・酒・日用品など。

トライアルは「recommendations everyday shopping」を掲げ、店舗利用者の買物行動をもとに消費者への提案と新しい買い物体験を追求し、スマートストアを進化させ続け、この仕組みを他小売業へと広げていく。

現在、世界的に小売の現場に最先端のIT・AI技術を導入する「リテールテック」が注目されており、小売業界が大きく変化している。トライアルもテクノロジーの力で流通業界へ変革をもたらすべく、2018年2月にスマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」、同年の12月に夜間無人運営可能店舗「トライアル Quick 大野城店」をオープンしている。

「トライアル Quick 大野城店」は、「AI冷蔵ショーケース」「夜間無人化」「キャッシュレス」という3つの大きな特徴を持つ。これらの3つの特徴以外にも、約1万2千枚の「電子プライスカード」や、需要と供給に合わせて価格設定を行う「ダイナミック・プライシング」、専用アプリでのクーポンの提示や商品読み取りからの決済など、様々な新しい体験が可能。また、夜間時間である22時から5時の間は、入り口でトライアル専用アプリケーションのQRコード、トライアルプリペイドカードをかざすことで入店することができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム