ヴイストン

Sota(ソータ)

Sotaは、人と関わるロボットを広く普及させる目的で作られた社会的対話ロボット。デザインはロボットクリエイターの高橋智隆氏が務めた。同時期に開発・発表された兄弟機「Commu(コミュー)」は研究用という位置づけ。NTT東日本が展開するロボコネクトをつなげることで、法人への導入を簡単に行うことができる。

日本 ヴイストン コミュニケーション 案内 オフィス 介護施設 商業施設 学校 家庭内 展示会 店舗 病院 個人 法人

製品詳細

概要
販売開始 2015年7月28日
価格 145,000円(税抜)
価格詳細 個人向けには本体価格145,000円(税抜)で販売されている。法人向けにはプレゼンシステムとのセット販売など複数のプランが用意されている。
サイズ H280mm×W140mm×D160mm
カラー 紺/橙/水色
重量 約800g
開発環境 VstoneMagic
自由度 8
バッテリー バッテリーは搭載せずにACアダプターのみ
センサー
通信方式 WiFi、Bluetooth、USB
公式サイト http://www.vstone.co.jp/sotamanual/

145,000 円 (税抜)